人生を変える無敵の集中力の作り方

どうも、氷雨斑早希です。今回は個人的には、今のビジネスシーンで必須スキルの一つだと思っている集中力についてまとめていきたいと思います。

今回は超力作ですよ(参考文献10冊超!しかも科学的なものばかり!巻末に参考文献全て記載してあります。気になる方はご購入を!総額15,000円以上!)

集中力を説明してください

今回、集中力をテーマに取り扱っているわけなんですけれども、皆さんは集中することを人

もっとみる

「今、ここ」って何?

僕は20年前に合氣道を習っていた頃から瞑想や呼吸法の類が習慣づいていたので、最近はやりのマインドフルネスってをよく知らず、瞑想の一種ではあるんだろうけど具体的にはどんな感じなのかってのを知るために最近一冊の本を買って読み始めました。

マインドフルネスって?

この本の中の冒頭近くではマインドフルネスのことを、

『マインドフルネスとは、自分の体や頭や心のなか、さらに身の周りに起きていることに意識

もっとみる

集中力の高め方

視点を一点に集めることで、脳が集中できるようになるそうです。

「アイコントロール」という方法らしく、本で知りました。

例えば、仕事で資料作成をしているとき、集中が切れてきたなと感じたら、デスク周りのものを少なくして、パソコンに視点を集めやすくするとよいそう。

パソコンのデスクトップをキレイにしておくとか、フォルダの中身を整理しておく、なんてことも、視点を散らさない工夫かも。

なにか集中した

もっとみる

こだわり

夏期講習前半戦が終わりました。
自校舎の生徒を褒めちぎるのは違うのでは?と
思う方もいるとは思いますが、
今年の中3たちは本当によく頑張っていると思います。
勿論、中3だけでなく中1、中2、高校生、小学生も
頑張ってくれています。

皆、黙々と勉強に取り組んでいます。
自習室で井戸端会議が行われている、
塾に来たのに他の生徒がうるさくて勉強に集中できない…
なんていう事は一切ないです。

友達同士

もっとみる

「集中力がない」というのは嘘!?集中力を持っているのに引き出せない人がやってしまう行動とは?

「集中力がない」
と思っているのは
あなたの誤解です

あなたの中に秘められる
集中力の引き出し方とは?

今日のブログでは
集中力の引き出し方について
お伝えします。

今日のブログを最後まで
読んでいただくことによって

✔︎勝負所で集中力を発揮し
プレーの質が高まります

✔︎凡ミスの数が
圧倒的に減ります

対して今日のブログを
読まれることをここで
やめてしまうと

・勝負所でポロっと

もっとみる

ここぞ!という重要な場面で最大限の実力を発揮するための集中力節約術

決めれば試合に勝てる
チャンスボールの場面

あと一本で試合に負ける
ピンチな状況

こんなときに
集中できなかったら
結果はどうなるでしょうか?

今日のブログでは
ここぞという場面で
集中するための
集中力節約術をお伝えします。

今日のブログを
最後まで読んでいただくことで

✔︎重要な場面で
一番集中することができ
凡ミスが減ります

✔︎集中力を
自在にコントロールできます

対して今日

もっとみる

集中力UPのためにやってみた10のコト

昨日更新したnote「集中力を高めるたった1つの方法」は、note編集部のオススメに入れていただき、たくさんの人に読んでいただきました。ありがとうございます。今日はその続編を書いていきます。

簡単にこのnoteを振り返ると、良い集中力とは深さ・長さ・起動の速さが3拍子揃った状態と定義し、その状態にたどり着くにはノイズを無くすことが唯一の手段だと紹介しました。

本日は、さらに具体的な集中力を高め

もっとみる

エッセンシャル思考のススメ

Ryo kurita(栗田涼 くりたろう)

00:00 | 00:30

◆記事はこちら!
https://life-driven.work/essential-thinking/

「エッセンシャル思考」で人生のパフォーマンスを上げる5つのステップ

私のブログ
◆生活向上型マガジン ライフ・ドリブン
https://life-driven.work/essential-thinking/


◆書籍 エッセンシャル思考を
Amazon でチェック!
https:/

もっとみる
リアクションいただきまして、誠にありがとうございます!
15

集中力を高めるたった1つの方法

集中力とは、「深さ・長さ・早さの掛け算である」

トマルさんがtwitterで紹介されていたツイートが妙に刺さりました。

集中力が低い原因はこの3要素のどれかが、足枷になっているということ。

-深い集中状態にならない
-集中状態に至るまでに時間がかかる
-集中力が持続しない。

逆に、理想の集中力とは「深く・深く・長く」集中できることです。

集中力×時間を軸にとり、グラフ化するとこのようにな

もっとみる