電話が嫌い

笑えるくらい闘志が湧いてきました

電話嫌いです

イチイチ毎度プレゼンするのも嫌なので
この機会にありったけアツアツの憎悪を込めて永久保存版noteを

1.理由なき電話

仕事では先輩方が電話使ってますし
現場で動いてると電話でないと気がつかなかったりしますし
「電話でなければならない理由」
が、あれば僕は電話します

「声が聞きたい」
とかもあり得ます

しかし
「とりあえず電話」
は、あり得ません

どんだけ“緊急”の中で生

もっとみる

電話恐怖症が階下にまで至る水漏れを引き起こした時の話

何から始めれば良いかというと、

・水をふき取り換気扇を最大限に回す
・大家(管理会社)へ連絡を取る
・保険会社へ連絡する
・階下の人に謝りに行く
・神様どうか壁とか何とか全部無事でありますように

この全部である。
もう全部するしかない。そうしないと、何も終わらない。
反対に言えば、しておけば何とかなる。
しなきゃいけないと思いながら先延ばしにして、いいことなんて一つもない。
今から電話しよう。

もっとみる

📞電話文化への疑問と時間に対しての感性が違うため、選考辞退しました

転職活動中のらんちゃんです。

先日1社、選考辞退を申し出ました。

理由は
・「電話文化」に馴染めそうにない
・時間にルーズ、平気で相手の時間を奪う風土(かも)

と感じたから。

とにかく連絡手段が電話のみ。「もしかしたらこの企業とは風土が合わないかも」と思ってしまいました。

見知らぬ携帯番号からの着信

080から始まる登録していない電話番号から夜7時くらいに着信。気づいたのが30分ほど後

もっとみる

もひとつ:新しい習慣を考える(た)1月

もう2月がやってくる……

前回のnoteのテーマだった「習慣」ということについて、もうひとつ。新しい、というより見直す、という意味で昨年(いやもっと前から)ずっと検討に検討を重ねていたことがあって。

携帯電話に関するこれまでの慣習を見直そうと思います。

ざっくりというと、電話番号を棄てます。

電話という悪しき習慣からついに脱したいと思います。

会社勤務が合わないなー、という理由ランキング

もっとみる

電話が嫌い

実を言うと
電話が嫌いで嫌いで嫌いで嫌いで仕方がない。

慣れない電話や失敗できない電話は、
ちゃんと原稿を作ってから
読み上げてみてから
電話をかける。

市役所への電話やだやだやだやだやだやだ

。。。 子供か!

隣で日記を書きながら、 子供が笑ったりなんか言ったりしている。

あなたがくれたやさしさが、誰かのために書く力になります。
5

どうしても電話がニガテな話

社会人になってもう15年近くたつというのに、何を言っているんだコイツは...

 そう、呆れられても仕方ないのだけれど、未だに電話が苦手です。

いや、頭ではわかっているんですよ。数字を押して相手にかける、相手が出るか出ないかはわからないが、出たら要件を伝えて回答をもらえばいい。

仕事の上での電話のやりとりはこんなもんだろう。こんなもんならメールでやれば品番や数字だって間違いはないし、URLは貼

もっとみる

どなられた。恩に着るって言ったのに。--成長小説・秋の月、風の夜(1)

#1 よろしくない状態

スマホの着信……

(ああー)
おっくうな、いやーな感じ。
指が、ポケットに触れる。グレーの背広の袖がすれた。

太い眉がひそまり、いつも穏やかなまなざしが嫌そうにくもる。
億劫(おっくう)さをグイッと越え、着信に出た。

「はい高橋です」声の詰まりがひどい。伸びがない。
――有馬だが、

高橋はとっさに、スマホを耳から離して身がまえた。

――雅峰(がほう)っ!どういう

もっとみる