2019年上半期ベスト

2019年上半期、僕の心を震わせた《映画》ベスト10

全世界的な潮流として、映画の在り方、映画の価値、そして僕たちの映画への向き合い方が、加速度的に変容している。

2019年上半期のたった半年の間に、いったい何度のパラダイムシフトが起きたことだろうか。

仮定の話でしかないが、もし今年、Netflixオリジナル作品『ROMA/ローマ』が、アカデミー賞作品賞に輝いていたとしたら、その「変革」は、より決定的なものになっていただろう。

しかしその一方で

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
23

2019年上半期、僕の心を震わせた《邦楽》ベスト10

日本の音楽シーンは、内に「閉じている」と揶揄されることがある。

近年では、世界の音楽市場に打って出るアーティストも次々と台頭しているが、「J-POP」という総称が通用するくらいだ。やはり、日本の音楽がドメスティックな特性を持つことは、完全には否定し切れない。

しかし、そんな国だからこそ生まれる、全く新しいポップ・ミュージックがある。その結果として、日本の輝かしい音楽史は、今日に至るまで更新され

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
20

2019上半期 個人的に面白かった「今年1巻が発売されたマンガ」

普段は微粒子レベルで存在する「感想ツイートがめっちバズる可能性」を追い求めてTwitterでマンガの感想を投稿しているのですが、2019年も半分が過ぎ、ここらで1回半年間で読んだマンガを振り返ろうかなと思い立った、それが運の尽き。

まずは面白かった作品をリストアップしようと思い、いざ始めてみたら挙がってきた作品がトータル120作。流石に多すぎるということで「今年1巻が発売された作品」という縛りで

もっとみる

2019年上半期新作ベスト10!!

今年ももう6月になって上半期ベストを発表する時期となった。今年は新作旧作併せて400本、新作だけだと66本観たのでその中からのランキングである。今更ながら400本も観てると"観たことすら忘れてる"作品も多くあり、整理していて驚いたこともあった。『ハウス・ジャック・ビルト』なんか1月に観たんで去年のことだと思ってた。下線が引いてある作品はnoteに記事があるのでそちらも是非お読みください。

1位『

もっとみる
Danke Schön! (ありがとう!)
5