440hz

440Hzと432Hzの違い

現代ではA=440Hzが基準とされていますが、これは1950年代に国際標準化機構(ISO)が採用し、音響器材や楽器の調律の標準として用いられるようになったとされていますが、昔はいろんなチューニングがあって、モーツアルトやヴェルディは432Hzを採用してたそうです。

このチューニングの話は都市伝説的なものも含めていろんな説がありますが、みなさんは実際に聴いてみてどう感じますか?
僕は個人的に432

もっとみる

マニアックなチューニングの話

【私の頭の中のあれこれ(3)2018年9月号】

少しマニアックな話になるけど、実はある日のライブで、ひとつPDP的に初挑戦をしてみておりました。

それまでとチューニングのピッチが少し違うんだよね。

一般的なA=440hzの音質というか響きがあんまり好きじゃなくって、実はPDPはこれまでずっとA=444hzでやってきてたのです。
たった4hzだけど、これだけで印象はかなり変わる。私的にはね。笑

もっとみる