VisualStudio

Visual Studio 2019のインストール方法

マイクロソフト社の定番のプログラム統合開発環境(IDE) - Visual Studioのダウロードとインストール方法に関する記事を作成しました。

もっとみる

マウス・キーボード操作の記録DLLの販売(未定)

GlobalHook.dllというDLLを作成した(ウイルス?)。
このDLLを使うと別アプリケーションを対象に入力されている、マウス・キーイベントデータを外部から取得できる。
専門的には「グローバルフック」という。

◆デモ
状況としてはある一人の既婚男性がいる。彼はひどく夫婦生活に疲れていた。家に帰ってパソコンで色々なキーワードを調べている...。しかし、ブラウザで入力しているデータが、実は他

もっとみる

キャプチャ用のDLLの販売(100円)

WindowCapture.dllというものを作りました。
もしよければ...、100円で買ってください。

開発環境
VisualStudio2019
C# .net4.5

WindowCapture.dllは次を目的とする。
1.マウスで画面上の指定範囲を選択し、その領域を取得する。
2.スクリーンショット機能(全体・選択範囲)

以下、「このDLL使うとこんな事が楽にできるよ」というデモで

もっとみる

VisualStudioでのコマンドライン引数にハマった

#include <stdio.h>int main(int argc, char *argv[]){ printf("%s\n", argv[1]); return 0;}

こんなプログラムがあったとする

ビルドして、コマンドプロンプトから実行

期待通り

VisualStudioでのデバッグ実行で同じように動かしてみる

は?

なんで???

エスケープされてるのでVSのコマンド引数を

もっとみる

Xamarin Formsって結局どうなのよ?

【結論】( ・∀・)イイ!! 使っています。

Xamarinとは?

Xamarinは、C#でiOS、Androidのアプリを開発できるプラットフォームです。iOSやAndroidのOSの機能をC#から直接呼び出すことができるXamarin Native、iOSとAndroidで同じ見た目の画面を共通コードで開発できるXamarin Formsがあります。

この性質により、iOS、Androi

もっとみる

NuGetパッケージをパッケージマネージャー コンソールからインストールする

案外初めての場合、はまる人が多いようなので簡単にまとめました。

パッケージマネージャー コンソールとは

.NETで開発する場合、公開されているパッケージを利用するとき、NuGet Galleryからインストールして利用するのがもっとも一般的です。

この時インストールの方法は三つあります。

1. 「NuGetパッケージの管理」メニューからGUIを利用して
2. 「パッケージ マネージャーコン

もっとみる

POCり語ラク道場(19/04/22/今日中♪)

ぽっくり参った〜(略してポクッター)ファウンダーの◯◯◯ッチほほぃ!

今んとこ新たに8記事が上昇中なんで、早目に放出しラクになっちまおぅw

♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡

⏬ 令和の世に向け、ゼウスしゃまが実写でポックリ現れちまったレw ⏬

♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡

もっとみる

家計簿データの使い道

過去8年分の家計簿データを持っています。
最初はスマートフォンでのアプリだったのだけれど、
機種変更するタイミングでデータベースに入れるようになり。

で、最近MicrosoftのVisual Studioのサブスクリプションを買ったものだから、「いえーい、クラウド上にデータベースを作れるでー。無料枠内でそこそこできるでー。」などと浮かれ。
とりあえず自分のPCに入っていたデータベースをクラウド上

もっとみる

T4(テキスト・テンプレート)

.netでは、T4(Text Template Transformation Toolkit)を使うことで、メタプログラミングができます。
T4はVisual Studioに統合されているので、簡単に使うことができます。
「追加」→「新しい項目」→「テキストテンプレート」を選択すると、拡張子が 「tt」のファイルができます。

このTextTemplate1.ttにテンプレートとなるテキストブロッ

もっとみる

WindowsでiPhoneアプリをデバッグする

iPhone アプリを作りたい。そう思ったことは今までに何度もあった。

iPhoneアプリを作るとなるとMacが必要。次にApple Developer Programの登録が最低限必要。開発用のiPhoneもいるっちゃいる。

そうなると、Mac : 安くても10万円くらい? Apple Developer Program : 年間1.2万円くらい。合計12万円くらい。これらが売れるかも流行る

もっとみる