Treasure Data PLAZMA KANDA Day1

TreasureData Plazma KANDA

今回のPLAZMAは神田明神ホールでした。神田明神は毎年部活の年初に行った思い出。15年ぶりくらいでしょうか。ぴかぴかにキレイになっておりイベントホールができていました。神田明神さすが、繁盛の神様。

セミナーレポート、また独断で私が聞いたものだけですが、お送りいたします。静岡銀行さん、コインチェックの岡田さん、キリンの鈴木さん、データ最前線で

もっとみる

エンジェリウムの上場はいつ?

Angelium(エンジェリウム)の上場について情報をまとめて紹介します。

エンジェリウム公式サイトはこちら:http://wallet.angelium.net

エンジェリウムの上場に関しては以下の情報になっています。

・ICOを行なったのは2018年

・ICOを行なった仮想通貨はANL

・ウォレットで配当される仮想通貨はANX

・ICOを行なってから取引所にて取り扱いされることを上

もっとみる

【Coincheck(コインチェック)取引所を開設】

今さらですが、コインチェック取引所を開設しました。
NEMの流出事件から、早1年半。

マネックス傘下になったこと、
みなし業者から、交換業者になったこと、

一応は、まともな体制になったと判断しました。

ちょくちょく、アクティブな動きもあるので、今後に期待しつつ。
それでは、また。

もっとみる

仮想通貨取引所...なぜ日本人はそう呼ぶのか?

仮想通貨の取引所について記載します。

まず仮想通貨というワードやねんけど、これは日本国内の取引所を意味しています。

海外ではVirtual Currency(仮想通貨)という表現は一切しないです。例えば世界的な取引所では「Binance」「Huobi」「OKEx」「Poloniex」などありますが、これらは「仮想通貨取引所」ではないです。「Crypto Currency Exchange(暗号

もっとみる

モナコインがCoincheckに上場あとに案の定DOWNトレンドに...

3日ほど前にモナコインがコインチェックに上場したけど、すぐに下がってくると予想を書きましたが...

案の定下がりましたね。

ただ上場してから1〜2日ほどは買われると思いましたが、1日も持たなかったですね。

こういうのはどこまでかというのは予測は難しいですね。上場した瞬間に買われて、コインチェックでモナコインを買った人が取り残されるというシナリオは簡単に予測はできます。

だけど、それがどの程

もっとみる

モナコインのチャートはこちら。コインチェックに上場して今後も上昇する将来性あるか?

モナコインがコインチェックに上場して爆上げしましたね。

これ日本人目線だとそうなんだと思いますが、私的にはよくわからへんです。

日本人って日本しかわからへんので、日本の取引所に上がったことがそんな凄いことに感じちゃって買うんですね。

最新のチャートについてはコインマーケットキャップで見ると、一番便利です。

アプリで見たいならCOINLIBが一番ええかと思います。

コインマーケットキャップ

もっとみる

コインチェックの口座開設申請数が急増 ビットコインの価格上昇が影響か

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)の口座開設申請が急増していることがロイター通信の報道からわかりました。ビットコインをはじめとした仮想通貨相場の上昇が影響しているとみられます。

もっとみる

仮想通貨トレード(BitMEX)での"ほぼ"必勝メソッド

<2019/05/15 : 誤字脱字や説明の表現について修正を実施>
<2019/05/17 : MAについての記載とチャート表示の操作方法の付録を追加/トレード支援ツールについての情報アナウンスを追加>
<2019/05/30 : 記事購入者の方へトレード支援ツールの開発状況のアナウンスを追加 (06/07 : 内容をアップデート)>
<2019/06/07 : note購読者様用トレード支援ツ

もっとみる

【仮想通貨】 WebSocket複数同時接続モジュール 【マルチプロセス、Python】

こんにちは。MAZMEXです。

約1年ぶりに、仮想通貨トレードBOT関連のnoteを書きました。
昨年は、BitMEX APIの基礎的な内容や便利なAPIの詳細などについて綴っていました。

このnoteでは、昨年に実装してからよくBOTに組み込んできたWebSocketのモジュール(部品)を公開してみようと思います。

内容としては、多数の取引所にWebSocketで同時接続する、マルチプロセ

もっとみる

【再開】コインチェック電気料金をビットコイン支払いサービス(2月20日より)

まだまだ記憶に鮮明なコインチェック(Coincheck)の不正アクセスによる580億円の仮想通貨が盗まれ、サービス利用者の出金停止となった事件。
当時、サービス展開していた「コインチェックでんき」をご存知だろうか。

コインチェックでんきとは、2016年11月より提供を開始し電力会社との契約を株式会社イーネットワークシステムズと行うことにより、毎月の利用料金の1~7%をビットコインで付与するという

もっとみる