immune

内なる外。--腸管免疫。続き。

腸管の中というのは要するに体の中にあっても本当の意味で体の中、臓器などがある腹腔などには入っておらず、腸壁で区切られ、外部から遮断されています。そういった意味では、体の外であるということになります。

外であると何があるかというと、外には良いもの、悪いもの色々あるということですね。そこで生き物は全て外界とは遮断する、皮膚を持って防御しています。防御の一つとして免疫反応というものがあります。

皮膚

もっとみる
ありがとうございます!
2

T cell -T細胞!

T細胞の役割はなんでしょう?B細胞は抗体産生細胞の形質細胞へ変化し、抗体を作って敵をやっつけます。

T細胞はサイトカインと呼ばれる物質も産生し敵をやっつけることはできます。

それとT細胞は直接標的細胞に働きかけアポトーシスと呼ばれる細胞死を誘発する。

異物を認識する機構としてはMHC 1と呼ばれるタンパク質によるものが知られています。

具体的には、ウイルスなどに感染した細胞では細胞内にウイ

もっとみる
ありがとうございます!
1

【News要約】6万頭のAntelopes、4日間で大量死。一体何があったのか?

腸内細菌による体内の出血が主因らしい。自然環境の変化で免疫機能が低下していた疑いも。こうした大幅な増減は様々な種で一定のcycleを持つ傾向があるようだ。

■ 引用元⇒ 「Gnosy」(newsまとめapplication)が無料で提供している記事。URL⇒ https://gunosy.com/articles/RoE38