#4「心の海」


彼女の声が海に届く時―。
彼はいつも幸せな気持ちになった。

ココロはそれを愛と呼んでいる。

「あなたの海は広いから」

寂しくはないとココロは言う。このままでもいいのかもしれないが、
彼はこのままにはしておかないはずだ。

ココロはエベレストよりも深く、大地よりも広い。

そんな彼女に恋をして、

彼は生まれ変わってからもいつもココロを想っていた。

「この海はどこかにつながっている」

彼の心の中で誰かが呟いた―。


あなたの海には、誰の声が届いていますか。


(了)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

隼斗530(歌猫)

歌詠み猫|5.30.19生|Powered by @aratarivers (旅人)

超ショートショート集 「嘘」11編

Since 2019.6.6| 超ショートショート×隼斗530
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。