見出し画像

百物語88話目「お菊姫の話・後編」(実話怪談)

前回までのあらすじ――。

九州一の怨霊と言われるお菊の終焉の地を探していたオカル友

ついに、不思議な夢に導かれ、終焉地を見つけるが、凄まじい悪寒が止まらない。

そこへ、オカル友のオカル友である仏壇屋さんから電話がかかってくる。

「今、大変なことになっているんじゃない?」

何も話してないはずなのに、仏壇屋さんはいきなり聞いてきた。

それで、オカル友は、今まで起きたことを話す。

「あ~、それは吸われてるよ」

「吸われてる?」

「うん。生気をほとんど吸われてる。だから熱もなくて、ぶるぶる震えてる」

「どうしたらいい?」

「どうしようもできない」

「ええ!」

「でも、それ以上悪いことにはならないから、また生気がたまるまで、じっとしてたらいい」

「ええー!」

「おとなしくしときー」

そう言われたオカル友。

しかし、じっとしているだけなんてできないのがオカル友だ。

彼は早速、ふとんをかぶったまま、スマホでエネルギーがつくものを検索。

すると、ねばねばするものがいいというので、奥さんに納豆とオクラを買ってきてもらって食べたんだそう。

それから一週間くらいでオカル友は全快しました。

とりあえず、手招きしてたんだし、震えるだけで終わったので、それほど悪い感じではないだろうかとは思う。(レッツボジディブ!)

ちなみに、オカル友は今、トヨタのオカルトテープと名高い静電気除去アルミテープに興味を持ってるそうです。

「今年は静電気を追いかける!!」

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりに買ってくれると喜ぶよ。私の書いた怪談物語です!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

DMMTELLERさんでは公式作家でもあるのですが、その新作も出てます。

こちらもよろしく!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

またきてねー!
16
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!

コメント2件

すった生気でなにかなさったのでしょうか?
ダメだ、わたしには怖くて追及できない…:;(∩´﹏`∩);:
脅してる感じはないから、たぶん、いるだけで吸ってしまう驚きの吸引力があっただけと思っていまーす。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。