細川 昌彦

中部大学特任教授

東京マラソンは集客ビジネスだ!

3万6千人のランナーが東京を駆け巡る東京マラソン。私もこれまで何回かランナーとして参加し、今年もチャリティー・ランナーとして参加した。東京マラソン2007年からスタートして年々進化している。コース設定も東京都庁をスタートして、浅草の浅草寺、スカイツリー、銀座、東京タワーと東京の名所を巡っていく。昨年からはゴールをこれまでのビッグサイトから東京の顔である東京駅前に変更して、ゴールした時のランナーの感

もっとみる

トランプ発言に翻弄される日本のメディア

先週、トランプ大統領の衝撃的な発言が新聞の見出しを飾った。「日本は『殺人』犯している」この衝撃的な見出しに愕然としたが、これは中国や日本、韓国、その他多数の国が米国との不公平な貿易で不当に利益を得て入ることを非難したものだった。それにしても激烈な表現だ。しかしこれは日本の報道の見出しに問題があるようだ。
 

 原文を見てみよう。トランプ氏は”get away with murder”と言ったよう

もっとみる

中国が海外企業の先端技術とデータを狙っている!

「軍民融合」が合言葉の中国に警戒

 中国は「製造強国」を目指している。2015年5月に発表した「中国製造2025」計画がそれだ。その中で最も警戒すべきは「軍民融合戦略」だ。軍事・民間融合を促進して、製造業の水準を引き上げる戦略をいう。そのターゲットとして次世代IT、ロボット、新材料、バイオ医薬など、10の重点分野を掲げている。
露骨に軍事力強化のために海外の先端技術を導入した民生技術を活用するこ

もっとみる

IRは『カジノをぼかすお化粧』なのか?

カジノ解禁の大義名分は「IRの推進」?

 政府はカジノを解禁する大義名分を「IRの推進」に見出したようである。訪日観光客を惹きつける観光の切り札としてIR(統合型リゾート)を推進することとしている。IRとは、滞在型観光のためにカジノ、会議場、展示場、アミューズメント施設、ホテルなど滞在型観光のための集客施設が一体的に整備・運営されるものいう。海外ではラスベガス、マカオ、シンガポールが有名だ。

もっとみる

美術館をデートスポットに変身させるには

先日の新聞報道によると、観光庁、文化庁は訪日客をもっと増やすために、美術館、博物館の閉館時間を延長する取組みに力を入れるという。既に延長している美術館もあるが、さらに拡大していきたいとのことである。外国人観光客から要望も多いからだという。
 もちろん大変いいことではある。ただし訪日客の誘致が目的であっていいのだろうか。また閉館時間を延長するだけでいいのだろうか。
もっと本質的なことを忘れてはならな

もっとみる