北欧フィンランドのガラス・食器メーカー「iittala(イッタラ)」にはまって、給料の大半をつぎ込んでいる私が、イッタラを集めるきっかけになった話

北欧フィンランドに「iittala(イッタラ)」という「リビングウエアブランド」がある。リビングウェアって、洒落た命名に、一瞬「何じゃ?」とひいてしまうかもしれないが、暮らし周りを飾るアイテムを作っているブランドだ。

プレートやボウル、マグカップなどの食器類をはじめ、うっとりとするような色合いのガラスを使ったキャンドルホルダーや、フラワーベース、人気のバードのオブジェ(飾り)などがある。もちろんお値段はそれなりにする。

イッタラに出会ったきっかけは、10年程前に北欧のフィンランド、スウェーデン、デンマークに旅行したこと。当時はすでに「かもめ食堂」という映画が北欧好きの間で超話題となっており、映画の中に登場したイッタラとアラビアのアイテムも爆発的な人気だった。(※アラビア/ARABIA:同じくフィンランド発、イッタラグループの食器ブランド)

「かもめ食堂」以前から「イッタラ」というブランドを知っていたが、まだまだ安月給だったし、実家で暮らしていたこともあり、食器類にそこまで強い興味もなく、日本でイッタラの製品を購入したことはなかった。

ただ、旅に出ると財布のヒモが緩む。旅先のフィンランドで、首都ヘルシンキにあるエスプラナーディ通りのイッタラのお店に立ち寄った。ちなみにこの通りは、高級ブランドが立ち並ぶ、東京の表参道のような通りである。

「お土産に何かいいのがあれば」なんて気軽にのぞいてみたが、洗練されたデザインがまぶしくて、お土産モードは一気に薄れ、本気買いに走った。それにしても、フィンランドの人はこんな美しいものに囲まれて暮らしているのかと、軽くカルチャーショックを受けた、といった方が正しいかもしれない。

日本の価格と比べたら現地の方が安いことも背中を押し、気づいたらイッタラで買い物を済ませていた。無我夢中だったので、数あるアイテムの中から、なぜそれを買ったのかよく覚えていない。手にしていた戦利品、すなわちマイ・ファースト・イッタラはアールト(Aalto)だった。持ちやすくて、お洒落なグラスと、波型のような独特のフォルムがユニークな一番小さいフラワーベース

色はクリア。今考えると、「なんで色付きのものを選ばなかったのだろう?」(※クリアは今でも売っているが、色ガラスは廃盤になることがある)と思うのだが、当時はイッタラのことを詳しく知らなかったし、どんな花の色でも合うもの、どんな飲み物でも使いやすい色だからと自分で選んだものだから、それでいい。ちなみに、今でも現役で使っているほど、長持ちするし、飽きていない。これがイッタラのすごさだと思っている

それからというもの、日本に帰ってきてからもイッタラのお店をちょくちょくのぞくようになった。とはいえ、毎月の給料から、親に渡す生活費、趣味の料理教室代、美容院代、エステ代、友達と遊ぶ娯楽費、交際費などを引くと、手元に残る額はさほどない。イッタラの製品は、どうしても欲しいものがあれば買う程度だった。

それから、数年が経過し、結婚することになった。

結婚するとなれば、好きな食器に囲まれて暮らすのが、夢だった。なので、初めから他のブランドの食器などには一切目もくれず、イッタラのお店へ直行。ダンナさんも気に入った「ティーマ(Teema)」というシリーズのシンプルな食器をそろえた。新生活を憧れの食器で始められるって、とてもワクワクして、心が躍ったのを今でも覚えている。

こうして、食器から本格的に「イッタラ街道」を進み始めた私。しかし、イッタラの道は深い。深くて長い。思い出してほしい。イッタラは「リビングウエアブランド」なのだ。そう、食器を集めたら、そこで終わりではない。そこから暮らしにまつわるお洒落なアイテムが「これもどお?」と甘い声でささやいてくるのだ。もちろん、「いいねー」とのせられて買ってしまう…。

そうこうして、「目指せ!オシャンな生活!」というかのように、給料の大半をイッタラにつぎ込んでいる。イッタラの製品や歴史にもめちゃくちゃ詳しくなった。認めよう、もう「オタク」だ。(実際、ダンナからはそう呼ばれている。)

ということで、わたくし「イッタラマニア」、これからnoteでこつこつ集めてきたイッタラの製品や知っている限りのイッタラの歴史などをマニアックに語っていこうと思う。

同じくイッタラLOVE!という方、イッタラ興味があるなー、でも高いからいいものを吟味して買いたいんだよなーという方、イッタラには全然興味ないけど、毎日仕事で疲れているからちょっと癒されたいという方も目の保養に読んでいただければ、イッタラマニアとしてこれほどうれしいことはない。

#北欧 #イッタラ #北欧雑貨 #食器 #フィンランド #かもめ食堂 #iittala #キャンドルホルダー #KIVI #キビ #きれい #インテリア #アールト #ティーマ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

26

コメント5件

ソフィアさん、はじめまして。来週スウェーデンにはいないですが(笑)、Formexのこと教えてくれてありがとうございます。でもストックホルムには行ったことあります。物価が高くて旅行者には厳しかったですが、きれいに整っている街で、さすがスウェーデンと思いました。
なるほどね!いいえいいえ^^〜デザインが好きだったらと思って、書いてみました^^高いですね、苦笑 日本は安いですね、物価
ですねー。ちなみにスウェーデンといえば、surströmmingは、食べる機会がなくて、食べてません。(笑)
私も食べてません。食べたいとは思っていないです、笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。