翻訳古典小説無料版

22
ノート

『Scaramouche スカラムーシュ』英国オリジナル版第Ⅰ部第ⅰ章冒頭

はじめに ラファエル・サバチニの代表作『スカラムーシュ』は英国で刊行されたオリジナル版とアメリカで刊行された短縮版の2バージョンが存在したので...

The Lost King~失われし王ルイ=シャルル第一部(10)レマン湖

Ⅹ. レマン湖  黄色のベルリーヌ(大型四輪馬車)は大過なくヴォランに到着し、其処で馬を交換した上で、また旅を続けた。更に5マイルを行った処で、...

The Lost King~失われし王ルイ=シャルル第一部(9)追跡

Ⅸ. 追跡  ド・バッツの決断が下されたのが、極めて差し迫った時点であったのは明白である。  政府の要員中、少年の逃亡を知らされていた者がどれだ...

The Lost King~失われし王ルイ=シャルル第一部(8)絵筆に別れを

Ⅷ. 絵筆に別れを  ラサールは、彼自身に責任を帰すべき現在の状況に不安を感じてはおらず、彼が何らかの保身策を講じたり、それまでの生活様式を変更...

The Lost King~失われし王ルイ=シャルル第一部(7)誘拐犯たち

Ⅶ. 誘拐犯たち  シモン夫妻に新居としてあてがわれたのは、タンプル門からは目と鼻の先、元はテンプル騎士団の馬屋であった粗末な小屋の、その二階に...

The Lost King~失われし王ルイ=シャルル第一部(6)手押し車

Ⅵ 手押し車  革命暦第Ⅱ年ニボーズ(雪月)30日、キリスト教暦でいえば1794年1月19日、それはショーメットによって指定されたシモン夫妻の...

The Lost King~失われし王ルイ=シャルル第一部(5)傀儡師

Ⅴ 傀儡師  ラサールは罠に餌を付け、騙され易いアナクサゴラスが、その中に足を踏み入れるように誘導した。彼はあらゆる難所に対する解決策を用意し...

The Lost King~失われし王ルイ=シャルル第一部(4)代理官ショーメット

Ⅳ 代理官ショーメット 「市民ショーメットに会うといい」フーシェからそのように告げられたラサールは、その助言に従うように、翌日、ショーメットと...

The Lost King~失われし王ルイ=シャルル第一部(3)市民ジョゼフ・フーシェ

Ⅲ. 市民ジョゼフ・フーシェ  ド・バッツとラサールの共謀の結果として、革命暦第Ⅱ年ニボーズ(雪月)初旬――キリスト紀元でいえば、1793年1...

The Lost King~失われし王ルイ=シャルル第一部(2)男爵ジャン・ド・バッツ

Ⅱ. 男爵ジャン・ド・バッツ  十月同日の夜、アルマンチュー男爵ジャン・ド・バッツは、オテル・ド・ショアズール(ショワズール公爵邸)[註1]の裏、...