神戸のうまいもんでサクッとピクニック&ノマドワークからのサクッと淡路島へGO!|神戸〜淡路島で欲張りバンライフ① #島都市デュアル


港町の朝は早い。
窓を見上げるとレンガ造りの建物が。
明け方に降った雨が朝日にふれてキラキラと演出を添えてくれる。

ここは古い洋式倉庫が立ち並ぶ倉庫街。
日本にいるのではないように感じる異国情緒は、
開港150年を迎えた港町神戸ならでは。

その一角にあるのが、KIITO、デザイン・クリエイティブセンター神戸。
もともとは生糸の生産工場だったここもリノベーションされて、
いまではクリエイティブセンターへと様変わりし市民に開放されています。

今日からここを拠点に、
都市型バンライフがはじまります!

今回実践するのは、
都会と自然をイイトコどりする #島都市デュアル生活。
神戸・芦屋・淡路島をバンで行ったり来たり満喫!

というのも、神戸と淡路島はめちゃ近いんです!
神戸の中心地、三宮から淡路島までは30km。
車でほんとにサクッといける距離なんですね〜〜。
ま、それでも淡路島それ自体は意外とでかいんですけど…

なんてことを考えながら、まずは朝食。サクッと、バンの中で。
東京から持ち込んだ美味しいコーヒーを淹れて。
今日一日の予定を考える。 

どうやら近所に絶妙なローストビーフがあるらしい。
お昼はサンドイッチにでもしようかと。



パンとお肉を買いに街まで。
神戸はとてもコンパクトな街なので移動は自転車でスイスイ! 


たどり着いた先は、神戸で噂の肉屋さん、ニック
軒先の「nice to meat」に期待高まる! 


出迎えてくれたのは、イケメンすぎる店主の錦くん。
ホルモン屋さんから出発して、神戸で良質なセレクト肉屋を立ち上げ。
地元の人気店に成長しています。



そして、、、、、


でた!噂の但馬の経産牛!


経産牛って普通は硬くて美味しくないはずなんだけど、、、
これは違うらしい!

全国の有数の牧場を直接足と目で確かめて確認した、
この道15年の目利き店主、錦くんが言うんだから間違いない。


それにしても美味しそうなものだらけでヨダレる…


厳選した淡路島の野菜なども分けてくれました!
お礼に #宇宙IPAをお渡ししましたよー!

Nick、気になる方はこちらから
おしゃれなクリエイティブは奥さんが手がけているそう。
ナイス夫婦!




パンと肉をゲットしたので、
バンに乗り換え、ポートアイランドへ向かう。

ポーアイかわいい。

KIITOからなら、2、3分で到着の、
ポートアイランド北公園。


さっそく、バンの中で調理。



で、できたのがこれ!



Nickの但馬牛ローストビーフ、淡路島産玉ねぎ、
兵庫県産水菜とサニーレタスを挟んで
贅沢サンドイッチ!!!!
Nickオリジナル粒マスタードがぴりっとうまい。



対岸に、神戸の街と六甲山がセットで見えるお得感すごい。
サクッと映えれる、神戸すごいわ。

でもとても人が少なくて、穴場でおすすめ。
運が良ければどーもくんにも会えるかも?笑



ポーアイ(言ってみた)で少し仮眠したら、
KIITOに戻ってノマドワーク。
ONとOFFを切り替える。


こういう開かれたスペースだと、
自然とコミュニケーションが生まれてよいよね。
やはりコワーキングは良いと思います。


日もくれて、疲れてきたので、仕事は切り上げ。
#島&都市デュアルなバンライフ、初日から充実〜〜。

明日はどうしようかな。
(つづく)


---
写真撮影&フードスタイリング: 奥はる奈, @bananakitchen
バンリノベーション: 新田 和典 8 Mountain Works、丹沢陽之助 、 高藤宏夫&松本憲 デッドストック工務店、 渡部雅寛 渡部屋
VLDK滞在協力: デザイン・クリエイティブセンター神戸- KIITO
プランニング・コーディネート: 富田 祐介  シマトワークス
クリエイティブディレクション: 山田英治 社会の広告社
コミュニティーオーガナイズ: 増田早希子 みどり荘
Special Thanks: 錦昭光 from Nick

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

マイホームはベンツ!家でも車でもない「バンLDK」で旅暮らし

満員電車はなんのため?高い家賃はなんのため?子どもとの触れ合う時間を減らしてまでして稼いだお金は、どこに消える?東京の生活は便利だ。だからこそ、そこまでして家やモノを「持つ」ことにこだわらなくてもよいのでは――。そんな疑問から、「クルマ以上、家未満」の暮らしかた、始めます。...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。