鏡裕之

作家。ゲームシナリオを書いて24年。中世国際政治が舞台となるゲームをつくっています。高校生が城主になって活躍するラノベも書いてます。ゲームシナリオのハウツー本も書いています。拙著『非実在青少年論』の中で、東浩紀のデータベース消費を乗り越えるウロボロス消費を提唱しています。

第35回講義原稿「エロラノベバイブル(仮)」ダウンロード販売開始

2019年6月8日(土曜日)に開催しました第35回ゲームシナリオ講座。お題目は

 エロラノベ作法

でした。その講義内容がパワーアップしてEasypayで販売開始となりました。PDF形式です。手書きで190頁ほど。字はきれいではないので、ごめんなさい!

他にもベテランの先生方がいらっしゃる中でおれが出しちゃっていいの?っていう戸惑いはあるけれど、ぼくが気づいていること&勘違いしていること、ここ

もっとみる

なぜノープロットだと執筆が止まるのか~第33回講義発売~

2018年9月に開催した第33回ゲームシナリオ講座。
お題目は「なぜノープロットで書くと執筆が止まるのか?」。

ようやくEasypayで販売開始となりました。PDF形式です。手書きで55頁ほど。字はきれいではないので、ごめんなさい!

講義内容は、

・レポート用紙を使ったプロットの立て方
・執筆はどういう時に止まるのか
・執筆にかかる負荷(タスク)
・小説ではどのくらいの思考作業(タスク)が必

もっとみる

ファンタジーの基礎知識とつくり方~第34回講義が発売

2018年に開催した第34回ゲームシナリオ講座。
お題目は「ファンタジーの基礎知識とつくり方」。

ようやくEasypayで販売開始です。PDF形式で、全部で128頁。かなり大部です。

講義内容は、

・ファンタジーには、時代区分が関係している
・5つの時代区分~古代・中世・近世・近代・現代~
・古代と中世を分けるのは、ローマ帝国と神官
・近世と近代を分けるのは近代国家
・近代と現代を分けるのは

もっとみる

欧米のポルノで、唾液などの液体でぐちょぐちょにするプレイが少ないのはなぜ?

質問箱での質問です。

ぼく自身は、海外(欧米)のAV動画はそれほどたくさん見るわけではありません。日本のAVほど視聴しているわけではありません。乳揉みや乳吸いが、日本のAVに比べて非常に少なく、個人的に満足できるものがほとんどないからです。巨乳に吸いついていたとしても、ものの10秒程度で次のプレイに移ってしまうということが、欧米AV動画では本当に多いのです。

欧米では、ポルノの中心には挿入=ピ

もっとみる

第35回ゲームシナリオ講座のお題目は「エロラノベ作法」

2019年6月8日(土曜日)に、第35回ゲームシナリオ講座を開催します。題目は

 エロラノベ作法

です。細かな講義内容は以下の通りです。

・エロラノベは煽情装置
・欲望一般について
・快/不快システムと欲望システム
・ポルノ小説と快/不快システム&欲望システム
・社会システム論から見た欲望一般
・社会システム論での欲望と欲求
・性的欲望は社会システム論で説明できない
・性的欲望の普遍性と個別

もっとみる

企画作業とプロット作業の仕方

素敵な質問に対する返事です。
https://peing.net/ja/q/9a8be723-8bf8-4963-a278-ebb2b891f217

パソコンを使わないのは、企画とプロットの段階です。

企画の場合は、登場させたいヒロインや舞台のイメージや案をコクヨのA4用紙に片っ端から書いていきます。案を出す時には、後のこと――使うかどうかとか、まとめた時のこととかは考えません。とにかく、思い

もっとみる