見出し画像

記憶は植え付け可能!?

一言でいうと

経験していない記憶を植え付けることは可能である。

活用シーン

記憶のあいまいさ

内容

熱気球に乗ったことのない被験者20人とその家族を一人ずつ呼ぶ。
家族にはコッソリ、被験者が4歳~8歳のころに起こった、ある程度重要な出来事の最中の被験者をとらえた写真を3枚提供してもらった。

さらに一緒に提供してもらった何枚かの写真を使い、「被験者が熱気球にのっている」偽写真を作った。

被験者に、本物の思いで写真と偽物の熱気球写真の両方を見せた。
被験者にはこの写真について、
①写真の場面について思いだすよう指示
②必要であれば考える時間を2、3分与え
③何も思いだせなかったら、目を閉じて写真に写っていた自分の姿を思い浮かべるよう指示

このプロセスを3日~7日の感覚を開けてあと2回繰り返した。
すると最後には、被験者の半数が「熱気球に乗った記憶」を思いだした
なかには、乗った時の感覚について詳しく話す人もいた。
写真は偽物だと告げられても、記憶のリアリティを訴える人もいた。

『しらずしらず――あなたの9割を支配する「無意識」を科学する』
レナード・ムロディナウ (著)

先日、「トータル・リコール」という映画を見ました。リコール社は「ワクワクするような記憶」を売っているそうな。そしてこの実験は、そんな大層な装置がなくとも、記憶を植え付けることができると証明した実験です。

その記憶がある、と脳が信じた時点で、その記憶が頭の中で構築されてしまうようです。このことは危うい部分もあって、例えば、犯罪の目撃者情報でも「明らかに間違っている記憶」が証明されることがあります。

たとえば、面通しにおいて人数合わせに用意した、警察が「絶対に犯人ではない」ということを”知っている”人を犯人だと指し示す人は20%~25%ほどいると言います。

人の記憶というのはそれほどあいまいで、うつろいやすいもの。
よく言われる「過去と未来は変えられないが、現在は変えられる」という言葉は間違いかもしれません。過去だって簡単に変えることができます。それは、自分が何を信じようとするかでいとも簡単に変わるのです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、日本の二代目経営者のこれからの活躍を支援するために使わせていただきます。

今日が良い日でありますように(^^)/
3

田村薫

父の会社を継いだ二代目社長。 同じ境遇の人たちが身体を壊し親の会社を辞める事例を見た。 原因は親子の確執。原因を解明し、二代目専用コミュニティを通じて、中小企業の二代目が活躍できる状態を目指して活動中。 著書『親の会社を継ぐ技術』https://amzn.to/2JzrqcT

心理学・脳科学の実験や知見をご紹介

使える心理学・脳科学の知識を集めました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。