子供が泣く事について

セブ全然関係ないけど書く。

私は子供の泣き声が本当に本当に苦手。あ、人の子は全然気にならない。自分の子。
ギャンギャン泣かれると、自分を否定されているようで、母親として否定されているようで、すごくすごく神経にくる。
別に誰かに否定されたわけじゃなく、勝手に自分でそう感じてしまう。
子供たちは、ただ、抱っこして欲しい、話を聞いて欲しい、それだけなのに、なんで応えてあげられないのかなぁと、理屈ではわかってるのに、行動できない。それをすごく拒否してる感じ。

セブに来て、まあだいぶ自分に余裕がない中、息子は聞き分けのカケラもない時もあれば、娘は絶賛後追い中。シッターさんにほぼ一日中助けられてるのにこの余裕の無さ!
本当に育児向いてない…って思わない日はない。

他のお母さんたちはそんな事ないんだろうな、とか、こんなんでごめん、とか、シッターさんの料理全然食べてくれなくてこんな風に育てた自分が悪いのかとか、かなりメンタル的にきて、子供たちの前でちょっとだけ泣いてしまった。

でも、息子はなんかすごい優しくて、そんな時はとても頼りになってくれる。励ましてくれたり、冗談言って笑わせてくれたり。
子供に泣かされて、子供に救われて、なにこれ、変なの。
この経験は、いつか何かに役立つのだろうか…?

#日記 #エッセイ #旅 #海外 #留学 #語学留学 #セブ #セブ留学 #赤ちゃん留学 #ママ留学 #海外生活 #フィリピン #0歳 #4歳 #育児 #親子留学

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた分で他にできない経験をして、記事にしたいと思います。 ここまで読んで頂きありがとうございます!

ありがとー!人生楽しみましょう!
4

kazumeat

4歳と0歳11ヶ月を連れてフィリピンに親子留学した記録

4歳の息子と、0歳11ヶ月の娘を連れて、1ヶ月間、フィリピン、セブシティに滞在し、親子留学した記録です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。