毎日、新しいことを試してますか?【しごたの5】

 今回は「論理的思考の落とし穴」について説明しましょう。

 たとえば企業の営業戦略会議などに出ると、「消費者はあらかじめ決めたものを購入する」という前提のうえで議論されることがよくあります。消費者は、①まず商品のことを知る → ②その商品のコンセプトが気に入り、欲しいと思うようになる → ③最後に、知識を持ったうえでそれを買う決心をする――とステップを踏むという前提です。消費者は徐々に気持ちを高め、それから行動に移るというわけです。これは実に整然としており論理的な考え方です。
 しかし、本当にそうでしょうか? また、それで「本当に欲しいもの」を手に入れられるでしょうか?

この続きをみるには

この続き:2,367文字/画像1枚

毎日、新しいことを試してますか?【しごたの5】

きこ書房(新刊『巨悪の正体』発売中!)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17

きこ書房(新刊『巨悪の正体』発売中!)

『思考は現実化する』『仕事は楽しいかね?』などの自己啓発書、ビジネス書が得意な出版社。企画は随時募集中ですので、気軽にご連絡ください。https://www.facebook.com/kikoshobo

仕事は楽しいかね?

『まんがで変わる 仕事は楽しいかね?』を勝手に紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。