【No.4】 絶妙な「聞き方」

Information

タイトル 絶妙な「聞き方」
著者 宇都出 雅巳

amazon link

読む目的

・コミュニケーションの際に、「聞く」ことに対して意識を持てるようになる

・自分の「聞き方」を考える枠組みを手に入れる

・学び

相手に意識を向けて聞く

・相手の発言に対して、「何て返答しよう」「何を言うといいのかな」と考えながら話を聞くのではなく、相手の話だけに意識を向ける.

もっとみる

『仕事獲得法』:コネクションゼロをイチにするシンプルな1つの方法

こんにちは、ロンドンから川合亮平です。

『旅する自由な仕事術 実践講座 from London』、はりきって更新していきます!

前回記事もお陰様でポジティブなご反応をいただき嬉しく思ってます。チェックがまだの方は是非:↓↓↓

今回は、講座その2:『コネクションゼロをイチにするシンプルな1つの方法』です。

僕は、

「ライターとして執筆料をもらって連載などをする方法は?」

「映画スターや世

もっとみる

目線を掌握するレイアウト術 [ 絶対知って欲しいデザインの基本講座]

デザインが難しい理由

こんにちは、デザインアドバイザーの松元駿です。

この記事を読んで下さっているということは、きっと何かしらデザインをしたことがある方だと思います。

グラフィックデザインは誰にでも出来るように見えて、やってみるとその難しさと奥深さを痛感しますよね。

デザインが難しい理由。

それはデザインが学問だからです。

その難しさに直面するとセンスがないのだと諦めてしまう人も多いの

もっとみる

なぜ?という質問は答えるのが難しい分、問題を論理的に捉え、物事の本質に近づくことができます

他者に使うときと同様に脳の処理能力を上回らないように注意が必要ですが、問題解決に役立ちます

▶️悩んだときには、なぜ?という質問を投げかけて自分の価値観や問題の本質を突き詰めましょう

LVアップ!あなたの夢見る力が7,実行力が10,感謝と愛が3億上がった
17

そうは言っても今回こそ変なものしか作れなかったらどうしよう病

仕事でよく紙面データを作っているのですが、「そうは言っても今回こそ変なものしか作れなかったらどうしよう病」が発動してしまいます。デザイナーになってからというもの、本当に毎日のように思っています。

もしも、出来上がったものがヘボいものだったらどうしよう
もしも、ヘボいものしか作れずに期限をオーバーしてしまったらどうしよう
もしも、クライアントの意図と合わないものを作ってしまったらどうしよう

この

もっとみる

上司と部下の最大の違いは視野の広さ。広い視野を身に着けよう!

こんにちは!TAKKです。

SEに限らない話だと思いますが、部下が上司の意思決定に不満を持つ場面って結構ありますよね?

部下が上司に何かを進言したとしても、上司はその意見を採用しないことがあります。そうすると部下としては「上司はわかっていない」と不満を漏らすことがあります。これは上司と部下の視野の違いで起こることがあります。

私はSEなので、SEの例を取り上げますが、SEの方はこんな経験あり

もっとみる

GTDの選択:状況、時間とともに、自分の「資源」がある

GTDの5つのステップの最後は、「選択する」というステップになります。

選択以前の段階で、「把握」「見極め」「整理」が済んでいると、「選択する」という段階では、直感的に何をしたら良いかが見えてくる、とのこと。

まずは、置かれた「状況」。

居る場所や、手元にあるツールは何か?ということで、そもそもその「状況」でやれることが、自動的に絞れる。

続いて、「時間」。

どのくらいの時間、今使えるか

もっとみる

やる・やらない考える前にやってみる

低気圧に押され気味なkatoです。

突然ですが、皆さんは考えて少しでも可能性を感じたら即実行しますか?
それとも、しっかり考えて構想を練ったうえで実行に移しますか?

私は、圧倒的に前者です。

だって、やる・やらないを考える時間を「やる」時間に回した方が有意義、
だと考えているからです。

とりあえず見切り発車でもよいからやってみる事って大事だと思うんです。
ましてや、初期コストがかからないコ

もっとみる

女性への前戯。

女性の間での 『セックスに対するご不満』 で、必ずといっていいほど、上位に来るのは何だと思いますか?

それは、『前戯が短い』!!( 」´0`)」 

女性は、前戯が短いことに、あ~だ こ~だ と言われます。

前戯でたっぷりと愛されたい、丁寧に時間をかけて愛撫をされたい、全てといっていいくらいの女性が思うのです。ただ現実は、女性が求めているだけの十分な前戯をしてくれる男性は、ほぼ皆無です。という

もっとみる
ありがとうございます。あなたのおかげ様で、更新を頑張れます。
10

わたしが今までにやってみた「複業の経験談」をまとめました【前編】

今日は、ここ数年で活発になっている「働き方」に関する話題。

もちろん、まだまだ業界や業態によりますが、副業や複業を推奨する動きもここ数年でかなり変化してきていますよね。

実はわたし、学生時代から多様な働き方をしてきました。とにかく時給で働くことに疑問だらけだったのがきっかけです。今回はかなりがっつり詳しく、書けるところまでわたしが今までにやってみた「複業の経験談」をまとめています。相談がてらお

もっとみる