玉置こさめ

百合作品について語ったり、日常。
固定されたノート

about

小説を書いているので取材日記にもなるかもしれない。

生活についても話すかもしれない。

自分で書いた作品の解説もたまに行うかもしれない。
近所でみつけたものや、自分の猫の画像も流れるかも。
そのあたりをちりぢりに綴っています。

これまでに出した百合小説を紹介します。

突然ですが、これまでに発行した百合小説のkindleのあらすじをまとめました。冊数が増えてきたので。どれから読めばいいのか…というご相談を受けることがあり、どれからでも大丈夫とお伝えしているのですが、お好みってものがありますよね的な感じで。まとめてみました。

腐女子百合小説 「ふじょ☆ゆり」

豊田あしほは生徒会長。
生徒の手本となるために自分の『趣味』を隠していた。
ある日共通の趣味をもつ御剣

もっとみる

「春とみどり」作者・深海紺先生への質問を募集します。

『春とみどり』とは…

人づきあいが苦手で、どこにいても居場所がないと感じているみどり(31)。ある日、母親からの電話で中学時代好きだった親友・つぐみの死を知ったみどりは、葬儀へと出向く。中学時代、自分に居場所を与えてくれたつぐみの死を受け入れられられず、ひとりうつむいていると、声を掛けられる。見上げると、そこには中学時代と姿が変わらないつぐみがおり、思わず駆け寄るみどりだったが、少女はつぐみの娘

もっとみる

文字ラジオ『ゆりがたり』第一回・闇と光のストーリーテラー コダマナオコ

対照的な組み合わせ―『海猫荘days』

『海猫荘days』は「田舎を舞台にしたコミュ障教師×子連れヤンキー漫画」ですが、舞台設定もキャラクターも清新で魅力に溢れています。タイトルにカタカナではなく英字が入っているのもコダマ先生のこれまでの作品になかった雰囲気です。タイトルの由来や着想についてお話を伺いました。

――おっとりした教師・菊地真由美とフレンドリーなヤンキー・五百木凛という組み合わせが

もっとみる

文字ラジオ『百合がたり』創刊!

『文字ラジオ・ゆりがたり』は玉置こさめの発行する百合×インタビューwebマガジンです。

『ゆりがたり』の特徴を記します。

・不定期発行

・文字数は15000文字~20000文字程度

・前半では作品の話を紹介し、後半では作者のヒストリーなどを深く伺います。

・インタビュー後半の公開は有料となります。収益は取材対象へ一定数還元します。

・インタビュー方法(企業を介する場合や文字数の少ないメ

もっとみる