どこまで手を抜いてよいのか

夫からこんな記事のシェアがあった。

けっこう長いので、興味のある方はリンク先を
読んでいただくとして……。

ざっくり言うと、男性がご自身の経験をふまえて
「母親は無理しないほうがよい」
「そのために夫婦間で話し合っておくことが大事」
とお話しされています。

ここでは我が家の場合の話を。

息子は今の月齢にしては、
(たぶん)よく寝てくれる子で、
私が夜寝られないということはない。
(その代わり昼間ぜんぜん寝ないけど)

夫に預けて半日ほど
出かけることもあるから、
息抜きもできているほうかなと。

ただ、どうしようもなく
泣きたくなる日は必ずあって、

「こんなに恵まれているのに、
どうしてがんばれないんだろう」

と自分を責めてしまう日もある。
息子にちょっと強くあたって、
母親失格だと思う日もある。

協力的な夫、実家があって、
それでもつらいときはあるのだから、
本当に、全世界の母親はすごい……。

だから、まだ
「こんなに恵まれている私は
果たしてどこまで手を抜いていいのか」
の答えは見いだせていないけれど、
少しずつ少しずつ、
うまく立ち回れるようになりたいな。

結論が出てないですが、備忘録として。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、イラスト向上のための道具(替芯)やごんぞうのお世話グッズ、私の心の癒しのスイートブールなどに使わせていただきます!

スキに感謝!!
8

小林すい

こばやしばなし

感じたこと、考えたことをそのまま書いています。おもに家族、子育て、日々のこと。刺激はないけど、おだやかに流れる毎日のなかでのこと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。