百句鳥のnoteリスト

短編のみ有料設定ですが、投げ銭式なので全文無料で読めます。
以下に各マガジンの内容を記しております。

* * * * *

【短編小説集】

ドサリ、ドサリとくるもの 2019.01.03
高熱で寝込んでいた青年は突然〈ドサリ〉に取り憑かれ、迫る〈ドサリ〉に怯えることになる。〈ドサリ〉とは何か。それは音なのか、字なのか。朦朧とした意識と現実が交わる奇妙な一幕。

やしろ 2018.01.08
友人のいる神社を訪ねるため、焼酎を携えて坂道を歩いていく。生活道路は足に馴染み、周囲の風景は目に焼き付いている。慣れ親しんだ町並み。それなのに、この日、この時だけは「何か」が違った。

いつか墓標になるまで 2017.09.25
草木に覆われた廃道を抜けた先にある無人の集落。朽ちた木造家屋は崩れ、田園は荒れ、今では虫たちの楽園となっている。「彼」が遠路遙々訪れた理由とは。自然に飲み込まれていく情景は何を物語るのか。

最果て 2017.04.08
ある目的を果たすため観光地として知られる連山に向かう少年。由緒ある隧道を抜けた先で、彼が垣間見たものとは。緊張と不安の道中。喧噪。終わりのない山林。

十四時二十七分の停留所 2017.02.11
入院中の友人の見舞いに出かけ、〈十四時二十七分〉にバス停留所に到着する。とまった時間。古びた漫画雑誌。脳裏をよぎる思い出。ネコは開脚し、ハトは糞をする。

雪の向こうに見るものは ~雪と記憶~ 2017.02.17
大雪がおさまった後、「私」は友人のリョウと彼の愛犬ツムジと雑木林に向かう。駆け抜ける白い影。取り返しの付かない失敗。それでも雪兎は待っている。

救われた日 ~雪と記憶~ 2016.12.29
寒い冬の日。体調不良で除雪を手伝えず、隣室で娘が奏でているピアノの音色に耳を傾けながら幼少期の体験を思い起こす。少年の無謀な冒険。雪だるま。ドビュッシー。

ヒーローはいつまでも ~雪と記憶~ 2016.12.24
特殊清掃業に勤しむ「わたし」のもとに、あるとき伯母から連絡が入る。彼女の依頼とは。死化粧。体液。永遠のヒーロー。メッセージボトルは大海原の底へ。

ヒマワリの季節に ~雪と記憶~ 2016.11.28
子供の頃は東北の親戚家をよく訪れていた。ある年、豪雪に惑わされるまま不可思議な出会いを果たす。少年の目に映る風景。青年の目に映る風景。ヒマワリに雪が積もる。

* * * * *

【掌編小説集】

画面の向こうに 2018.06.06
廃墟は見おろす 2018.05.17
最後の饗宴 2018.03.12
曼珠沙華の置き土産(動画版) 2018.01.04
骨と影(動画版) 2017.11.09
曼珠沙華の置き土産 2017.08.15
骨と影 2017.07.23
雨の手 2017.06.16
蝶化身 2017.06.14
鳴き声のする風景 2017.02.22
工廠を照らす激しい日光 2017.02.20
闇の底から 2016.11.05
回帰する魂の話 2016.11.05
雲隠れ 2016.11.05
京田辺の知人 2016.11.04
田辺公園の休憩所にて 2016.11.04

* * * * *

【読書備忘録】

万象から無分別まで 2019.06.22
夢の本から郝景芳短篇集まで
 2019.05.05
クロニカからトラウマ文学館まで
 2019.03.24
自転車泥棒から仮想の騎士まで
 2019.01.05
ヴィクトリア朝怪異譚からガルヴェイアスの犬まで
 2018.12.10
狂人の船からネット狂詩曲まで
 2018.11.04
奪われた家/天国の扉から流され雛の朝まで
 2018.09.06
日本人の恋びとから文豪たちの友情まで 2018.07.27
蕃東国年代記からボルヘス怪奇譚集まで 2018.05.30
ドニャ・バルバラから落下症候群まで 2018.04.21
エロマンガ表現史からマイタの物語まで 2018.03.22
ブラス・クーバスの死後の回想から硬きこと水のごとしまで 2018.02.13
ダスクランズからクトゥルーの呼び声まで 2017.12.29
テルリアから死体展覧会まで 2017.11.19
素晴らしきソリボから吉陵鎮ものがたりまで 2017.09.08
ハイファに戻って/太陽の男たちから幽霊たちまで 2017.07.31
不浄の血からヒドゥン・オーサーズまで 2017.06.28
別荘から場所まで 2017.06.19
ムッシュー・パンから黄色い雨まで 2017.06.17
アレフから石蹴り遊びまで 017.06.15
クィア短編小説集からプラハの墓地まで 2017.06.12

* * * * *

【日記、あるいは雑記の宿】

ある阿呆が読書好きになった理由 2019.07.24
小掃除と年末のすごし方
 2018.12.31
ドラフト結果はどうなった 2018
 2018.10.26
百句鳥(ほくと)プロフィール
 2018.10.19
ドラフト会議に向けて脳内会議 2018
 
2018.10.16
高校生だらけのドラフト 2018
 2018.08.28
word騒動の走り書き 2018.06.25
米競馬三冠 ジャスティファイめも 2018.06.10
スマートフォンの使い心地についての考察 2018.04.14
いきなり野球の話 2018.03.29
私の文章を書いたのは誰だろう 2018.03.05
グロース、小さな私見 2018.02.20
肉の日とは呼ばせない 2018.02.09


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます。 今後も小説を始め、さまざまな読みものを公開します。もしもお気に召したらサポートしてくださると大変助かります。サポートとはいわゆる投げ銭で、アカウントをお持ちでなくてもできます。

Salamat(´ω`人)
46

百句鳥

昭和生まれの物書き。読み方はホクト。掌編小説の共著『みちのく怪談傑作選2011』『クトゥルフ神話掌編集2016』『ガラシャ物語全集』等。中南米を始め各国の小説を愛好。マジックリアリズムを追究する『艦これ』崇拝者。テキストでは小説・書評・雑記、トークでは気になる刊行情報等綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。