【酩酊クッキング】いきなりラー油

いきなりステーキの雲行きが怪しいとかなんとかLINEニュースで読んでいた頃、ハイボールを飲んでいた友達が突然こっちを見て言い出した。

「ラー油つくりたい」

…はい????

酔っぱらいとは突然何を言い出すのかわからないものだ。でも、ちょうどラー油もきれたし、自家製ラー油を作るのも悪くないと思い教習所帰りに材料を買って帰る。

【第1話】酩酊ラー油

材料

もっとみる

新たなマガジン「つのpedia」が出現しました。つのがいろいろなことを調べてまとめた資料集です。人名表や度量衡記事とかを入れていきます。属性のやつとかはパルプスリンガーのおっさんがやってますので備忘録に置いておきます。つのは無料利用者なのでマガジン数上限は21ですが、今18です。

第6章~数字の管理とは?③

前回の続きです。

毎月の年商金額をグラフ化した「年計グラフ」を見れば、一目でパッと会社の傾向がわかります。

前回の「年計グラフ」をもう一度見てみます。

 この「年計グラフ」をみれば、今年度の決算書に出てくる年間売上高である3,070百万円が、年計グラフの今年度2月(決算月)の数値でわかります。

 また、昨年度と今年度の年間比較をするなら、前年2月(決算月)2,565百万円と今年度2月(決算

もっとみる
ありがとうございます!是非お役に立てることがあればと。
16

【noteやってみた】追加 / 更新情報

【noteやってみた】シリーズの、新規追加&内容更新情報を、こちらに記載します。

新しい情報を上に追加していきます。つまり、それぞれの最新情報が一番上にあります。

☆内容更新

2019.6.24 【聞いてみた その1】マガジンに追加されたけど、通知来なかった件

★新規追加

※随時更新予定

【聞いてみた その1】マガジンに追加されたけど、通知来なかった件

1.あれ?!

ある晩、1ヶ月以上前に書いたnoteのビュー数が急に増えていることに気づきました。

自分自身で特に何かした覚えはなかったので、ツイッターの通知や(noteのツイートについてはこちら)、マガジンに追加されました通知(設定はこちら)、何かしらの検索ワードにヒットしたのか(そんな事もあった)チェックしたのですが、これといったものは見つからず。

2.情報求ム

これは自分で考えても分か

もっとみる

#23「最近あったいい出会い」

私は現在フィリピンのイロイロという田舎の島で語学留学をしている。

その為毎週新しい生徒が入学してくる。その中でも最初の約2ヶ月を共に過ごした彼ら(中国人×4+韓国人×1+私)は私にとってとても大切な友達であり、語学を学ぶうえでお互いに助け会うことのできる仲間である。

彼らと過ごしたおかげで語学力が上がった気がするし、自分の英語に少し自信を持つことができたような気がする。

トップ画左から順に紹

もっとみる

雪山のゴースト

尻尾の使い方

 高山地帯に暮らしているユキヒョウ。手足の肉球回りにもモフモフの毛が覆い尽くし、雪の中に沈み込まないよう滑り止め&寒さ対策の保温効果も抜群だ。特徴的な太くてモフモフな尻尾はマフラーのようにして首元に巻いて寒さから守ったり、ジャンプや走る際にバランスを取る役割もあるのだ。そして、動物園では尻尾を咥える仕草もみられるのだが、理由がはっきりしていないものの、どうやら安心感を得るためだそう

もっとみる

4 読者のニーズとウォンツを捉え、自分のウリで勝負しろ!

『ターゲットを絞る』

前回ではそのマーケティング視点の重要性について解説しました。
では、具体的に、『ターゲット』設定する際に重要になっている、『読者が求めていること』って、どういうことなのでしょうか?
また、今回の記事で取り上げている『ウリ』とは、何なのでしょうか?

この記事では、3点の疑問について解説していきます。

1 人はどういうとき、物が欲しいと思うのか?
2 売れる商品は他の商品と

もっとみる

女性専用車両か〜

こんばんは(投稿が1日遅れてしまいましたすみません...)!  近々冷蔵庫を新調する予定でルンルンなかねこです! 来週くらいには買いに行くぞ〜! そしてビールいっぱい冷やすぞ〜(??)

...さて、今回は「女性専用車両について」お話していきます。かねこ目線の女性専用車両の良いとことか良くないとことか、思ってることを勝手にツラツラお話していきます〜!

- - - - - - - - - - -

もっとみる

プログラミング未経験で大学生の僕が知識0から勉強する話⓪

こんにちは。秘密基地を作る大学生です。

はじめに言っておくが、僕はプログラミングができない。

けど、勉強する事にした。

と言うのも、僕が今行なっている「リアル秘密基地」にて始まったプロジェクトで、「ゲームつくるセンター」というものがあるのだが、そこでは先生も生徒もカリキュラムもないプログラミング教室を行おうとしているから。

「つくるセンター」ができるまでは、他の記事で書いているので興味があ

もっとみる