見出し画像

「武器としての決断思考」と「インベストメント」~瀧本哲史さんに感謝

瀧本哲史さんの訃報を聞き、少し驚き、また、ここ数日は、いろいろなことを思い出していました。

同年代ですが、雲の上の方という感じで私は捉えておりました。

まさかという感じでした。

ご縁があって、京都大学での講演会で一度だけ、講演者としてご一緒したことがあります。

また、発明塾の学生さんの大半が京都大学の学生ということで、彼らが、瀧本さんの授業を受けた、こんな話だった、というようなことを、よく話してくれて、何となく(勝手に)身近な存在として感じていました。

ここでは、感謝の気持ちを込めて、発明塾参考図書として挙げている本で、瀧本さんに縁が深い本を、2つ紹介しておきます。


● 武器としての決断思考

この本は、出版されてすぐに塾生さんの一人が読み、「楠浦さんこれ読んでください、どう思いますか」ということで、購入して読んだ本です。

結論から言うと、発明塾でいつも話すことに近いことが書かれており、即「参考図書」採用ということになりました。

今日、少し読み直しました。

目次から、強調したいメッセージをいくつか拾っておきます。

① 正解ではなく、「いまの最善解」を導き出す
② 反論は、「深く考える」ために必要なもの
③ 漠然とした問題を、具体的に考える
④ 公開情報も、組み合わせ次第では価値が出る
⑤ 最後の最後は、主観で決める

①は、まさにいつも言っていることで、「今、手元にある情報で、考えられる限りの妥当な仮説」を立て、それを検証しながら、進めるのが発明塾式です。

②も、「頭の中に、異なる思考回路を持つ人を住まわせる」ということを、いつも話していますね。

③は、やや発明塾的な解釈になりますが、同じく発明塾の参考図書である、以下書籍の内容を簡潔に表現したものになります。

④は、特許情報分析、投資情報分析を駆使する発明塾式において、基本的な哲学だといえるでしょう。

⑤、これは説明不要ですね。自分がどうしたいのか、なしに、発明も投資も決断できません。


● インベストメント

セミナー開催などでたびたびお世話になっている、リンクスリサーチの山本さんの著書の一つです。

個人的には、投資に関する最高の参考書の一つだ、と考えています。

当然、発明塾の必須参考図書の一つです。

世界トップクラスの成績を残し続けている、常勝ファンドマネージャーの思考回路が、余すところなく(?)公開されています。

実は、この本を知った経緯の一つに、

「瀧本ゼミで、すごくレアな本をテキストとして使ってるらしい」

ということを聞き、その本は・・・(塾生さんがいろいろ調べてくれた)・・・ことがあります。

当時、その本を瀧本ゼミで使っていたかどうか、結局、真偽のほどはわからなかったのですが、やはりテキストとして使っておられたようです。以下、山本さんの記事に、そのことが書かれています。


脱線しました。

塾生さんに勧められて即購入し、読んでみると

「特許情報」

をフル活用している、ということがわかり、その後の

「発明塾投資部」

の活動に繋がりました。

発明塾の歴史において、重要な本の一つです。


特許情報を、

「IRヒアリング」

にもフル活用しているということで、私の

「特許情報を用いた技術マーケティング」(2008年)

の、マーケティング を 投資 に置き換えた感じだ、とすごく盛り上がりました。
(これは、僕の勝手な思い込みかもしれませんが・・・)

一度会ってお話を聞きたいね、と、塾生さんとはたびたび話していましたが、業界も全く違うため、なかなかご縁がありませんでした。
(なんせ、世界でTop1%に入るファンドマネージャーです)

その後、さらにいろいろなご縁があって、無事、著者の山本さんにお会いすることができ、現在の活動に至っています。

そのきっかけをいただいたのが、瀧本さん、ということになります。


とにかく、感謝しかありません。

感謝の気持ちを込めて、著書と、若干の思い出話を紹介させていただきました。


楠浦 拝

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければ、シェアもお願いします!
4

楠浦崇央

発明塾塾長/TechnoProducer株式会社代表取締役。 カワサキ、コマツで新製品・新規事業開発を担当後、ナノテクStart-Upを立ち上げ、その後現職。 自己紹介:http://www.techno-producer.com/teacher/kusuura.html

参考書籍紹介

知財・発明・投資・情報分析・経営など、周囲の方にいつもおすすめしている参考書籍について、こちらにまとめておきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。