見出し画像

ご当地レトルトカレーは旅と食の楽しみを増やしてくれる


今、世の中には常に2,000種類以上のご当地レトルトカレーがあると言われています。
しかも、そのうちの200種類が毎年入れ替わっているとも言われています。

今年の初めに「新しいご当地レトルトカレー100種類食べる!」と宣言した私ですが、8月には達成できました!

そうやって日々ご当地レトルトカレーを食べている、私のおススメの楽しみ方をまずご紹介。

1.必ず湯せんで、表示の時間よりちょっと長めに温める。

電子レンジは加熱ムラがあるので、おススメしていません。電子レンジ対応のパックもありますが、ここは湯せんでしっかり温めましょう。
温め時間を表示の時間より長めにすることで、最後まで熱々で食べられます。

2.カレーを盛りつけたら、写真を撮っておく

ダブり買い防止もありますが、やっぱり単純に食べた記録が蓄積されることって楽しいものです。写真を撮っているうちに少しずつ冷めてきてしまうので、1の長めに温めることがここでも重要になってきます。

3.パッケージをとっておく

実物でも写真でもいいのですが、かさばるけれど、やっぱり実物をとっておいた方が時々見るのが楽しいです。

私も、最初の頃のものは捨ててしまっていて後悔しています。ちゃんととっておくようになったのは、去年の9月くらいです。

4.新しいカレーを自分で見つける

見つけた時の喜び、食べて美味しかった時の感動は何とも言えません。私はそれを「美味しかったよ!」と友達に教えてあげる感覚で、おススメしたくて仕入れています。

ここまで楽しめると、タイトルの通り旅と食の楽しみが、ぐーーーんと増えます。

ご当地レトルトカレーは旅の楽しみを増やしてくれると同時に、食の楽しみも増やしてくれるのです。

ただ単にカレーを食べる楽しみというだけでなく、旅先で見つけてもレトルトカレーですから買ってすぐには食べないので、他のお店に寄ったり、道の駅で地元の野菜やお惣菜を買うことで、新しい美味しさに出会えます。

旅の楽しみが増えると、旅に出たくなるものです。
最近、なかなか出られないのが残念なくらい、行きたいところがいっぱいあります!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
2013年からハマり1700種類のご当地レトルトカレーを食べたマニア。「カレー×旅」で地域社会に貢献したくて奮闘中! ご当地レトルトカレー協会:https://curryassociation.wixsite.com/lrca
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。