オートマティスム

東中野ガレッジで、シュールレアリズムの遊び、オートマティスムを教えてもらう。ロウソクに照らされた角砂糖に、アブサンという強い酒を垂らして、友人とチアーズ、この怪しい儀式ののちオートマティスムを始める。手を止めずにドンドン紙に書いていく。まるで機械のように自動的に。私は無意識に沈んでいく。私なのに私ではない誰かが、私の手を使って自動的に字を書き連ねる。以下、オートマティスムによって出来上がった文章ひとつ。

くさい においと 木の へこみ
やたら なる おまつりさわぎ
鼻につくその香りとイチョウのキイロと
あの通りの中で
タクシーのライトと当てられた男の人影
それとこれとはちがうものとされている
なにが私をそうさせるのか
紙の中で生きて映画を見る小説家
静かにプロヴァンスの光の中で
揺れて生きていくその姿を
イスから落ちる水滴

以上。

2018年、最もイケてるアナログな遊び。紙とペンと酒だけあれば良い。あと、少しだけ、音楽も。

#エッセイ #essay #東京 #日本 #写真 #東中野 #オートマティスム #シュールレアリズム #ダダイズム #ダダイスト #文章 #写真 #スナップ #モノクロ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願い致します。マガジン「一服」の資金に充てます。

ありがとうございます!
13

maomemo

ちょっとしたメモ帳
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。