女の子から選ぶマッチングアプリ「Poiboy」誕生のおはなし

こんにちは。
女の子から選ぶマッチングアプリ「Poiboy」でプロデューサー&デザイナーを担当している鷹取(たかとり)です。
このたび、デザイナーとしての社外活動の一環でnoteを始めることにしました。
UXデザインやUIデザインのこと、「Poiboy」をつくっていくなかで発見したことなどについて書いていこうと思っています。
よろしくお願いします!(p・o・)ノ~~~i*◇+

今回は手始めに自己紹介と、担当している「Poiboy」について書いていきたいと思います。

・自己紹介
・「Poiboy」って?
・「Poiboy」誕生のおはなし
・今取り組んでいること

自己紹介

・鷹取 万里子(たかとり まりこ)
・多摩美術大学 情報デザイン学科 2016年卒業
・株式会社ミクシィ新卒入社
・担当したプロダクト
 ・女の子から選ぶマッチングアプリ「Poiboy」
 ・サロンスタッフ直接予約アプリ「minimo」
・現在は「Poiboy」のプロデューサー&デザイナー
 ・UX/UIデザイン、プロセス改善、採用など
・趣味はティーン向け雑誌、海外セレブのゴシップ、戦争映画/恋愛映画etc…
・好きな芸能人はみちょぱ

「Poiboy」って?

「Poiboy」は女性が男性をポイ(いいね!)することからコミュニケーションが始まる、女性主導のマッチングアプリです。
今年の2月にダウンロード数100万を突破しました。
チームでは、"女の子があたりまえのように自ら最初のアプローチを送れる世界を作る"をミッションに掲げ、日々プロダクトの改善に取り組んでいます。

社外の人に「Poiboy」が生まれたきっかけをよく聞かれるので、「Poiboy」誕生のおはなしをしたいと思います。

「Poiboy」誕生のおはなし

「Poiboy」は2016年2月にリリースされました。(当時私は内定者アルバイトとして「Poiboy」のデザインを担当していました。)
それまでの日本の出会い系アプリやマッチングアプリでは、男性から無数の「いいね!」やメッセージが女性に届き、女性はコミュニケーションを楽しめる余裕もなく萎縮、離脱してしまう課題がありました。
一方、海外では、マッチ後女性から最初のメッセージを送る「Bumble」などの女性主導のサービスが流行し始めていました。
そこで私たちは日本でいちはやく女性が安心して楽しめるマッチングアプリの開発に取り組みました。
チームには女性社員が多くアサインされ、物事の決定には必ず女性が入るように考慮されました。
iOSアプリ「Poiboy」をリリース後、Android版やブラウザ版も展開しています。
ユーザーの平均年齢は女性21.4歳、男性23.6歳と若年層に受け入れられ、順調に成長しています!

今取り組んでいること

現在は男性の体験改善に努めています。
↑でさんざん「女性、女性」と言いましたが、男性ユーザーが「つまらない」「使いにくい」と感じ離脱してしまっては、女性ユーザーも楽しめません。
男性体験を改善し、男性ユーザーの“女性から選ばれる体験”(女性からポイされる体験)をより良くすることに取り組んでいます。
しかし!、性差による恋愛に対しての考え方の違いは思ったよりも大きく、女性社員だけでは決定できません。また、チームメンバーの男性社員はこの出会い事業に長く関わっているメンバーも多く、ターゲット(カジュアルな出会いを求める20代男性)とは少々感覚が離れてきてしまっている部分があります。
そこで今回、私たちで延々と机上の空論を繰り広げるのではなく、ターゲットの男性にインタビューやテストを行って課題を発見し、体験の改善を試みています。

今後、このブログでユーザーインタビューなどについても書いていきたいと考えております。
コメントやアドバイスなど大歓迎ですので、よろしくお願いいたしますmm


Poiboy公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

29

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
4つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。