Day 61 - 「ゼロリセット衝動と戦う」

―2019年7月20日(土)―

実は正式にうつ状態と診断される前から、物は試しということでマッチングアプリに登録してみている。

元々こういった類のものは怪しいと思っていて敬遠していたのだが、実際にやってみないとわからない、ということで、真面目に課金して試してみたのだ。

始めてから今まで何名かとお会いもしたが、至って普通の出会いで拍子抜けした。

元々の入りが「怖いもの見たさ」だったりもしてい

もっとみる

海外在住と婚活アプリ

今日は朝から頭の中の6割くらいが婚活アプリである。というのも昨日ある方からたくさんのレクチャーを受け、ときおり耳にするペアーズ以外にもいろいろとあるもんだなと知ったもんで。ざっと7個くらいあるらしい。近くにいる人と会えるというものも地域や属性を検索して会えるというものも。

35歳、独身。結婚を考えない訳でもなくて、だからといって相手がいる訳でもないので、婚活アプリに興味があるものの、そもそもベト

もっとみる

【yenta 日記】 #26 やりがいと成果をクリエイトするクリエイター <フリーランス 松尾 由佑佐 さん>

フリーランスの映像クリエイター

松尾さんはフリーランスの映像クリエイターをされています。高校の時に YouTube で動画を始めてからこの道に進まれたとのことです。

yenta でマッチした際に、ちょうど動画に関わる人が集まる飲み会を企画していたので、お会いするのをその場に設定させていただきました。

美容室、クリーニング、重機、ホームセンター

松尾さんが元々 YouTube で作っていたの

もっとみる

女性に求められる男になるには【13.500文字!500円ワンコイン記事】

五十嵐です。

相変わらず、ネトナン絶好調です。

ただアポ負ける時もあります。大抵その場合は相手の女性が【高嶺の花】的なポジションで育ってきたであろう女ばかり。。。

20代前半で美人、登録女性一覧を流し見している時、必ず目に留まってしまうような女性、居ますよね。

そんなモテるレベルの高い女性に
『あなたとずっと喋っていたい。○○君に抱かれたい』
と言われたり思ってもらえたりしたら・・・あなた

もっとみる

【yenta 日記】 #25 エンジニアが働きながら育つ環境を作る <Hirotomo Kobayashi さん>

近いけど appear.in

小林さんとは、appear.in でお話ししました。小林さんはフリーランス的な働き方なので、ご自宅にいることが多いそうです。
ご自宅は近いとはいえ、川崎市なので、最初から appear.in で

私はいつものプラスアワーズ 新宿から

結構いけますね。お互いが慣れていれば
後日、飲み会にご招待してお会いすることになりました。

エンジニアからエンジニア支援へ

もっとみる

風俗に行かない日記 45日目 「マッチングアプリで垢VAN」

この時間にこんな明るいもんだっけと思ったら、晴れていただけでした。
晴れていただけ☀️でもそれが嬉しい!

ここ数日とあるマッチングアプリの垢を消したり入れたりを繰り返していて、合間に女性垢作って遊んでたりしていました。

そしたら今日の垢作成時に利用規約違反で利用停止になりました。そのマッチングアプリは有名かつFacebook認証を必要とするアプリでした。
おそらくFacebook垢を通じて利用

もっとみる

マッチングアプリのメッセージが返ってこない理由

マッチングアプリでマッチングして1回目のデートアポの話をする前までの間にメッセージが返ってこなくなってしまう理由はいくつか想定できます。

そこで今回は、どんなケースが考えられるのかを、いま思いつくだけ挙げて、それに対する対処方法を簡単に解説したいと思います。

ということで、早速どんなケースがあるかをまとめると下記のようになります。

メッセージが返ってこない理由まとめ
〈自責系〉
・送ったメッ

もっとみる

【週刊恋愛サロン第141号3/3】出会いエンジン選定の考え方とマッチングアプリ→ナンパへの移行タイミング

こんにちは。オンクです。

恋愛コンサルにキャリアチェンジの波がきております。もう今の時代大人であれば誰もが遅かれ早かれどこかでキャリアチェンジを経験するはずです。キャリアチェンジという呼び名でなくても業界がずれて新しい分野の仕事にチャレンジすることは普通にありますね。僕は一応IT畑の人間なのですが、日本のIT業界なんかでは良くも悪くも「フォワードなのにいきなりディフェンスやれ」みたいなことが頻繁

もっとみる

【yenta 日記】#24 福岡から新しいつながりをつむぐ <高橋 建二 さん>

これが高橋さん! (のストーリーが LIG に掲載された時のもの)

そして、こちらは高橋さんの note
ワークライフサポーターという役割を実践されています。

福岡で yenta

高橋さんとは福岡のシェアオフィス(私の知人が準備中)でお会いしました。
高橋さんは、福岡に住みながら yenta をやられています。東京には余りいらっしゃらないようで、多くの場合はオンラインでお話しするとのことです

もっとみる

マッチングアプリは、”恋愛弱者”を全く応援していないという話

僕はもうここ何年も恋をしていない。ただし、恋がしたくないわけではない。恋の病にもかかって、相手のことを、”気にしたくなくても気になってしまう”という強い体感を渇望している身である。

そこに、ふと手を差し伸べてくれたのがマッチングアプリである。ペアーズ、タップル誕生、Tinder、ゼクシイ恋結び…。とにかく、使い倒して実際に何人かと出会ったこともある。その結果、僕はある1つの結論にたどり着いたのだ

もっとみる