スクリーンショット_2019-02-13_22

実際のイベントコストと告知【イベント特別編】

2/26に現代ブランディング勉強会第四回を行います。
その実際にかかっているコストをご紹介したいと思います。

下図が、実際の管理表です。
比較的小さいイベントで、慣れてきてること、協力をしてくれる人がいるために、下図ぐらいの管理で回せています。

こちらの特徴は、
・場所代がない
・スタッフ代もない
でも、入場料500-1,000円ぐらいだと赤字
になると思います。
これでもかなりリーズナブルにできている方なので、そのtipsをまとめてみます。

イベントコストに関するtips
・会場費用は、所属会社や理解のある協力会社を見つけて抑え気味にする。
・お酒などは、一人1-1.5本ぐらいが適正で買いすぎると手に余ります。
・チケット代は、黒字にはならず、本気度の高いオーディエンスを集めたい時の通行証ぐらいのイメージ
・大きなモニタや、音響機会はよく動かなくなるので、事前にチェックするか、資料のデータを軽くする
・運営は、オーディエンスの7%〜ぐらいいると良い。
・食事を軽くでも出す場合は、一人600円以上はかかる
・スタッフにお金を払う場合は抑え気味に。ボランディアでも赤字は出ると思います。

まあ、何かあれば質問なんかいつでもしてください。

ここから告知です

直近、石坂が二つのイベントに登壇します。
よろしければお越しくださいませ。※両方とも有料です。

・新興国市場における中期経営戦略の創り方
日程:2月19日
料金:41,000円
主催:マーケティング研究協会
対象:ハイビジネス層向け
場所:マーケティング研究協会セミナールーム
内容:海外事業を担う、事業責任者・経営層向けセミナーです。
製品戦略や販売戦略をつくる前段階として、どのような中期ビジョンを描くか(描けるか)によって、大きく変貌する新興国ビジネスについて、日本企業・欧米企業の成功/失敗例を基に短時間で徹底解説いたします。
詳細はこちら

・現代ブランディング勉強会第四回『次世代コミュニティ・ブランディング』
料金:1,000円
主催:石坂昌也
対象:デザイナー、マーケター、新規事業オーナーなど向け
場所:デンソー東京支社:〒103-6015 東京都中央区日本橋2丁目7−1
内容:コミュニティを活用したブランディングへの寄与を模索します。
民と官を巻き込み、イノベーターエコシステムをつくり、イノベーションを創出を狙うEDGEofの柳原氏やブロックチェーン技術をベースとした非中央型コミュニティについてALISの石井氏にお話いただくとともに、現代ブランディング勉強会代表の石坂がコミュニティブランディングについてお話いたします。※学術的なことばかりでなく、どのようなことが現場で行われているのかなどにフォーカスする予定のため、ご興味のある方は幅広くご参加ください。
詳細はこちら

もしご参加していただける方いらっしゃる方いたら現地にて!

では:)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

イベント『現代ブランディング勉強会』開催費用に使わせていただきます。 twitterのフォローもとても嬉しいです!https://twitter.com/msy_i

はげみになりますー:)
14

石坂昌也 /ブランドデザイナー

合同会社Design and Management/ CEO。OSAP, ASACメンター。世界人材サービスworld-hr.com作りました。アジアで活動。元JWT上海、DDBシンガポール、電通、DeNAなど。カンヌ金獅子受賞者。連絡:hello@d-2-m.comまで

イベントノウハウ、運営、情報など

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。