エンジニアこそ英語を身につけて海外に行こう!

昨年、中国の電子機器メーカーのファーウェイ(Huawei)の日本支社が、新卒のエンジニアを初任給40万円で募集し、大きな話題になりました。日本の大卒の初任給はおよそ20万円ですから、そのというわけです。ファーウェイ・ジャパンはこれをサラリと「グローバルスタンダードでございま〜す」と言っていましたが、本当はこれ、グローバル・スタンダードの半額以下の給与水準です。

でも、もしも英語が堪能ならば、本当のグローバル・スタンダートの給与水準で職を得ることが可能になります。

無論、ただ「英語だけ」ができてもこうした会社は採用してくれません。

ところが、持っている武器が「エンジニアリングのスキル」と「英語」の2つになると、こうした企業に自分を売り込むことも十分可能になってくるのです。

僕はアップルの米国本社で管理職に就いて働いていましたが、たとえ新卒でもエンジニアを1000万円以下で採用したことなど一度もありません。僕の他にも、アップル本社で働いている日本人は50人以上いました。もちろんみなさん、グローバル水準の給与で働いています。

優秀なエンジニアは世界で取り合い
シリコンバレーには中国人やインド人のエンジニアがたくさんいますが、彼らからすれば、貰えるものがきちんと貰えるなら別に勤務先がアメリカでも、中国でも、はたまたインドでもいいわけです。

というわけで、前述のファーウェイも、このレベルのエンジニアを獲得するべく、実は新卒にさえ月収83万円、年収にして996万円も出しています。同様のことはこのファーウェイ以外の中国企業、そしてインド企業も行っています。つまり、優秀なエンジニアの平均相場は今は1000万円を下回ることはないのです。2000万円や3000万円稼ぐ人もざらにいます。なおかつストック・オプションをしこたまもらい、数年で億単位を手にしている人もいます。シリコンバレーに来るとテスラ、ポルシェ、ベンツなどの高級車がカローラみたいゴロゴロに走っていますが、それが彼らの金銭感覚です。

そして、これが日本の外のエンジニアのグローバル・スタンダードなのです。

学歴と職歴を一致に注意!
「よーし!じゃあ俺もいっちょプログラミングと英語を勉強するぞ〜〜!」と思った方に、一つだけ注意点があります。それは、ちゃんと学歴と職歴を一致させることです。

例えば経済学部を出た後にどこかの会社に飛び込んでプログラミングを身につけたとします。その場合、仮にプログラミングの腕が超1流だとしても、いざ移住の段階でビザがおりません。

上記のようなケースであれば、まず院に入って情報処理で修士を取るなどして、学歴と職歴に一貫性を持たせる必要があります。今はどの国もビザが簡単に降りなくなっていますから、テキトーに入国するのは至難の技です。また、テキトーに入国できる国には、こうしたグローバル・スタンダードの給与をくれる会社がありません。

英語を勉強しよう!
学歴と職歴の一致がしっかりとできたら、数年間日本で働いて実績を作りつつ、並行してしっかりと英語を勉強しましょう。僕自身、そんな感じで36歳の時にアメリカに移りました。

僕なんてエンジニアとしては2流です。それでも20代のうちから日本で外資系に勤めて、グローバル・スタンダードの給料を稼ぐことに成功しました。

日本人のエンジニアの中には、僕より優秀な方が掃いて捨てるほど沢山います。

中にはシリコンバレーの企業に移籍した方も、あるいは前述のファーウェイを始めとする中国企業や韓国企業などに転職し、ガッツリ儲けている人も実はいるんです。みんな黙っているだけです。

「僕は理系だから英語苦手だし……」とか言っていたら、あまりに残念です。むしろ理系だからこそ、英語をものにして是非チャンスを手にしてください。

他にも、「金融 x 英語」や「料理 x 英語」「法律 x 英語」など、海外で稼げる組み合わせは色々とあります。自分の今いる業界で英語を身につけたら、どんなチャンスがあるのか是非一度調べてみてください。

僕が経営している語学学校 Brighture Engish Academy にも、海外の大学院進学や海外就職を志す方が少なからずやってきます。AI 研究の第1人者の方とか、Wikipedia に名前が載ってるような研究者の方などさえ、英語を身につけてさらに大きな舞台に羽ばたこうと刃を研いでいます。

だから、英語を身に付けない手はないんです。理系ならばなおさらです。

是非、チャレンジしてみてください!

なお、僕のやってるBrighture English Academyでは、簡単な英会話やTOEIC対策でお茶を濁さず、実際に「使える英語」を目指して指導しています。興味がある方はぜひどーぞ。

英語学習の相談・留学相談してみませんか?個別相談・体験レッスン実施中です!

関連記事:「英語が使える」 ってどういうこと?

PS: とりあえずBrightureに行く予定はないけど「この記事は参考になった!」という方がいましたら、投げ銭していただけると嬉しいです!

この続きをみるには

この続き:0文字

エンジニアこそ英語を身につけて海外に行こう!

松井博

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊シェアしていただけると最高です!
87

松井博

まつひろのガレージライフ

メインのブログです。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。