Sachie Imamura

個人ブランディングしています。モデルマネージャー・デザイナー.-占い師ブランディングなどやってきました。「自分を超える、自分に出逢う」本人が気が付かない事を見つけ、その人の背中を押すセッションをしています。https://rikuribranding.amebaownd.com/

自分の事だけしか見えない人は、やっぱり損をするという真実

「あなたの為にこうしたの」
「あなたが好きだから、同意したの」
「あなたがこう言ったから、私は合わせたの」
 
こういうパターンの会話を聞いたことがありますか?
 
そして、もし自分がそう言われたら
あなたは、どう答えますか?
 
例えば、会社の同僚同士でランチを

食べに行こうとした時
毎回、そのパターンを繰り返す人がいたら
 
①    少し負担に感じて距離を取る
②    「それなら、あなた

もっとみる

どんなに辛くても目の前にある事にがむしゃらに向き合う事の大切さ

生きているとドラマの様なセンセーショナルな悲しい出来事や怒りを通り越し、感情さえ凍り付いて何も感じなくなる瞬間を経験する事があります

昨日までは、何の変哲もない平凡な毎日だったのに
そこに何かの歪みが突然割り込んできて
全てを壊してしまうハリケーンの様に

被害の大きさは尋常ではなく
どんなに努力をしても決してもとには戻らない

あんなに退屈だった平凡な毎日が、
恋しく少し前の過去に戻りたいと

もっとみる

時代が変わろうとしている今だから 物事を表層で見てはいけない

一連の闇営業問題での宮迫さん田村さんの

会見をみて思う所を書いていきます

この件には、様々な要因が含まれているのでまず、整理します

1.所属芸人が闇営業という 吉本への裏切り

2.闇営業の先が反社会勢力だった事での世間への裏切り

3.虚偽を話した事での相方, 芸能界の仲間に対する裏切り

4.事が大きくならなかったら 反省しなかったという事実

5.会見の件でパワハラ

もっとみる

“心の闇と片付けるにはあまりにも酷い事件”をどう捉えればいいのか?

突然、舞い込んだ
京都アニメーション火災の報道
その凄惨さに言葉を失ってしまいました
 
最近、たった一人の病んでいる人が
全く関係ない人を巻き添えに
簡単に人を殺してしまう事件が起きている

亡くなった方々や怪我をされた方々の
身体と精神的損害
そして京都アニメーションという会社の
物質的損害
 
失われたものが莫大過ぎて
言葉にならない哀しみや怒りを超えた感情を覚え、

本当に、酷いとしかいい

もっとみる

心の傷もかさぶたになって剥がれればいいのに

何かに傷ついてしまったり
恐怖を感じた経験がある人は
その経験をする前と全く同じ
心の状態に戻る事は難しい

心の傷は、擦り傷や骨折の様に
外見で分かる物でも無く
周りの理解も得られにくいものだ

しかし、私は本人の取り組み方次第で
深かった傷も浅くなり癒えていくと
強く信じている

誰かに裏切られたり
酷いことをされた時
人間には、心があるから
当然傷ついてしまう

優しい人である人ほど
"本当

もっとみる

じっくり地味にゆっくり刻む信頼は、 強固で揺るぎがない

SNSなどで素の自分を赤裸々に
書く人がいる

その一方でどう考えても

「こう見られたい」

と思う見られたい自分の姿を
書く人もいる

言葉や文章で感情を伝える事は、zipファイルに入れ

凍結し受け手は、解凍してその瞬間の感情を解き放ち手に取る様だ

だから、その感情の揺れ幅が
大きい場合は、読み手にインパクトを
与えるものだと思う

例えば、自分の家族の死など悲しい投稿

facebook

もっとみる