議論の場のデザインと思考サイクルの考察

議論メシの黒田さんとサシで1時間ディスカッションしてきました。特に盛り上がったのが「議論メシ」と私が昨年末から始めた「〇〇担当の問題意識を共有する会」のディスカッションコミュニケーションの比較でした。

それぞれを比較し、同じ部分・違う部分を確認することで、改めて「〇〇担当の問題意識を共有する会」の価値が明確になったので、今回はそれをまとめておきたい。

まずはそれぞれの紹介(黒田さんを説明する必要があるのか?とは思いましたけど念の為)

1章-1.黒田 悠介さん

note

黒田さんはさらに日本経済新聞とnoteが共同で行う「Nサロン」の中で「知のプラットフォーム」の中長期的な設計を考える会議を担当しています。

1章-2.議論メシについて

サイトより概要
「議論メシ」は、多彩なメンバーがディスカッションでつながる会員制の共創コミュニティ。年間100回以上のオンラインディスカッションと200回以上のリアルイベントから、興味関心に合ったものに参加できます。

自分の抱えている問いを差し出せば、メンバーがディスカッションして前に進めるヒントをくれる。逆に、他のメンバーの問いをディスカッションすることで、発想力や対人知性も自然と高められる。さらに、ここでしか聞けない知識・経験もインプットできる。

そんなディスカッションを中心にしたコミュニケーションのおかげで、メンバー同士が自然とつながり、コラボレーションや新しい仕事・生き方につながっていく共創コミュニティ。

:::::

続いて私がやっていること。

2章.〇〇担当の問題意識を共有する会について

■概要
基本は招待制の、同じ職種・同じ担当・同じ職責など、同じ属性の人だけを集めて1時間ほど問題意識を共有するだけの会
■流れ
・4〜5人でテーブルに分かれディスカッション(問題意識の共有)を1時間行う。
・各テーブルごとにホワイトボードを用意、話した内容を書いてもらう。
・1時間過ぎたら一旦終了、各テーブルごとに2〜3分で話した内容を全員に共有する。
・その後でビールとピザを片手に語り合う。
・ホワイトボードの内容は、よいビールのおつまみになる。ディスカッションを誘発する。

豆知識
この「〇〇担当の問題意識を共有する会」は、巷では「ござ先輩」と言われている人が始めた「IT企画をちゃんとやりたい勉強会 Vol.1Vol.2」というイベントに参加して、非常に面白かったので、職種を変えてはじめました。違うのは、私が主催しているのは招待制という点のみ。

第1弾として12月に「事業開発担当の問題意識を共有する会」
第2弾、第3弾もただ今仕込み中です。

第1弾の模様を書いたnoteはこちら

:::::

3章.議論をする場の比較図

※参考までに「プロジェクトの会議」も比較対象としてみます。

ぞれぞれの図解してみます。

3章-1.プロジェクトの会議の図解

課題を解決するためにディスカッションします。

3章-2.議論メシの図解

問いを囲んでディスカッションを行うイメージ。「興味深い問いをありがとうございます」という言葉がFacebookグループのタイムラインで散見されるくらい、「議論メシ」では問いを重視しているそうです。

3章-3.〇〇担当の問題意識を共有する会の図解

各メンバーの問題意識を語ります。
同じことを言っていても、それぞれ解像度も異なり、何か違和感もあります。(フォントの違いで表してみました。)問題意識は全般フワフワしています。これをディスカッションコミュニケーションで解像度を上げていきます。

:::::

比較することで見えた「〇〇担当の問題意識を共有する会」の価値は問題意識の解像度が向上する。

「議論メシ」はより俯瞰して様々視点を得られる。「〇〇担当の問題意識を共有する会」は視点を問題に近づけ解像度を上げる。

「問題意識の解像度が上がる」ということは、議論メシ風に言えば、「良い問い」を投下できる確率が上がるということ。

経験が浅いメンバーならば、足らないパーツを補うこともできますしね。

ちなみに主催者側のメリットは

「主催者サイドがその領域における問題意識を一気に吸収できる。」これが最大のメリット。

なぜなら問題意識を理解していると、その領域の他の誰かと話すときに、彼らの言葉で話せるから共感が得られやすい。
参加者メンバーは、同じ問題意識をもった仲間が社外にできる。
主催者側は、問題意識という内なる生の声を聞け共感力がアップ。

※参加者側も主催者と同じ認識・感覚の人も多かった気がする。

:::::

ちょっと別の視点での考察。

4章-1.思考サイクルの話

「〇〇担当の問題意識を共有する会」の思考サイクルについて、「言葉ができる」は武器になる。に共感できる部分があったのでまずは引用したい。

「人に話すことで、悩みが解消された」という経験を持つ人は多いと思う。これはまさに、頭の中に浮かぶ内なる言葉を外に出すことで、頭の中に考える余地や空間が生まれた状態であると言える。

ここで重要なのは、頭で考えていることを誰かに「話す」ことではなく、頭の外に出し 自分と「切り離す」ことである。内なる言葉を一旦、強制的に外に出すのだ。

すると、思考と記憶が切り分けられるため、考えを進めることに集中できるようになる。 その結果、「ふわふわと考えていたことは、実はこういうことだったのか」と気付くこと ができるようになるのだ。

自分の中に「思考サイクル」をインストールする。

・思考を漠然としたものでなく、内なる言葉と捉える。
・内なる言葉を、俯瞰した目線で観察する。
・そして、考えを進めることに集中し、内なる言葉の解像度を上げる。

上記を当てはめてみる。

4章-2.〇〇担当の問題意識を共有する会、参加メンバーの思考サイクル

多分「〇〇担当の問題意識を共有する会」の参加メンバーの思考サイクルはこんな感じ(かな?)

「〇〇担当の問題意識を共有する会」は、同一職種などの同じ属性のメンバーが「内なる言葉」を「話す」

↓↓↓

「話す」ことで頭の外部にでる。即ち「記憶」からの「切り離し」。

↓↓↓

同じ背景をもつメンバーは些細な違いを汲み取る事ができる。
また「問題意識を共有するだけ」という場のデザインが大きく寄与している。

↓↓↓

そのため、参加メンバーは意図せずに「記憶」との「切り離し」をサポートしてくれる。皆がファシリテーター。

↓↓↓

頭の中では、自分と他人の「内なる言葉」を比較して、共通項に共感したり、そうでない部分は聞いてみたりと、意図せずに解像度を上げている状態。

つまり自分の中に「思考サイクル」をインストールする作業を、その場では皆やっていたのではないか?

という仮設。

---

「〇〇担当の問題意識を共有する会」次回も決まっているので意識して観察してこよう。そして「〇〇担当の問題意識を共有する会」のアップデートを行いたいと想う。

本日はここまで。

謝辞

黒田悠介さん、議論ありがとうございました!
比較することで、見えていなかった部分も発見できました。
またディスカッションしましょう!

このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

アレとソレを組合せてみたらコノ課題を解決できるソリューションができるよね?と言うパズルをやるような思考回路です。サポートして頂いた費用は、プロジェクト関連の書籍購入やセミナー参加の資金にします。

年300記事程書いています。がんばります。
18

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
2つのマガジンに含まれています

コメント2件

議論メシはバックグラウンドが異なる人が集まる。一方●●担当のほうは同じバックグラウンドの人が集まる。問題解決には視座と視点の変更が肝と思っていましたが、解像度という点は見落としていました。これってまともな三脚とカメラの話に還元できるのでカエルンの方でグラレコネタとして書こうと思います。例のハッシュタグを付ければよいのですね。ありがとうございます。
記事期待しております!

解像度を上げていくと「良い問い」にも近づける。
その「良い問い」に対して解決する企画の領域が私の最大の専門領域。
なので、企画力を強化するために、物事をみる解像度を上げていくってのがとても重要。課題に対する解像度を上げていくとかその辺。
でも大体は粗い解像度なんで、その解像度を上げていく作業を1人でもやるのだ〜。

(つらつらと書いていたけど、後でnoteでまとめよう。)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。