議論メシ

infoグラフィック?!

日曜朝10時から、渋谷の人間関係ってカフェで木村泰之さんとお茶した〜!

話してメモしたことは、、

・リーンスタートアップ: 小さな仮説と検証を高速サイクルで回す

・自分なりたい感情を獲得する為の、表現方法(コンテンツ創造)

・人の繋がり
人と人、コミュニティと人、コミュニティとコミュニティって感じ

(結局は自分オリジナルの人ネットワークを作ってるって感じかも?!)

#議論メシ #コ

もっとみる

場所を温めていきたい〜第2回 Nサロン 定例会

昨日はNサロンの2回目の定例会。
実は今回からKaty中の人になりました。

中の人って?

中の人っていっても相変わらずオンラインメンバーだし、集中講座も受講してます。
なんで半分半分です。

もともとNサロンの全配信・収録を担当するやわラボのメンバーなので中の人感はてんこ盛りだったんですが。もうちょっとメンバーと運営のまんなかくらいのポジションができたらいいなとゆるくおもってます。

まずはは

もっとみる

Nサロン第2期には参加せず、WDAで学び、議論メシに参加することにした

今日はNサロン第2期の定例会が行われていた。
僕も第2期の参加希望は伝えていたが・・・。結果的にキャンセルのような形になってしまった
o0(水P・ナガヨシさん、ごめんなさい)。
固定noteにしていた「かがく部(仮)」も、形が見つからないまま。
なんとなく今日という日にケジメとしてnoteを書いておく。

6月、Nサロン2期に悶々とする

ゼミは19時開催になって、まったく間に合わなくなってしまっ

もっとみる

(番外) あけぼの南林間店 : 団子

<あらすじ>
神奈川県のダム制覇を目論む私には、ダム以外に立ちはだかるもう一つの壁があった・・・それは、南林間に君臨する団子屋さんの存在なのであった!

それは2018年に遡ります。

私は黒田さん率いる議論メシのメンバーとして、「田園都市線の未来を考えるディスカッション」に参加していました。

私はこの年の5月から鷺沼に住んでいたのですが、中央林間にはいったことがなかったため、少し気になって足を

もっとみる

【熱い!】Nサロン定例会〜過去回振り返りと今回への期待【8月9日】

8月9日金曜の夜。Nサロン定例会があります。

Nサロンっていうのはご存じnoteのピースオブケイクと日経新聞が運営するオンラインサロンです。

Nサロンには2種類の会員があって、
・月額5,000円のオンラインメンバー
・全部で4回くらいある「集中講座」だけに申し込んだメンバー

どっちか片方だけでも、どっちも申し込んでもNサロンメンバーです。

オンラインメンバー向けに月に一度、定例会が開催さ

もっとみる

議論メシ・黒田悠介さんに聞く、「個人の問いを共有するための場づくり」【前編】

こんにちは。インタビューサイト「カンバセーションズ」の原田です。
気づけば、前回の投稿からあっという間に時が経ち、5月にして今年最初の投稿です(汗)。
カンバセーションズは、昨年6月のリニューアルからまもなく1年を迎えますが、
第一期インタビュアーの3人においては、それぞれのプロジェクト実現がいよいよ近づいてきた感があります。

「問い」をカタチにするインタビューメディアとして、
インタビュアーの

もっとみる

コミュニティの開き具合は 公/共/私 のグラデーション

場がどのくらい開かれているか、という尺度に「公/共/私」という考え方がある。出典は複数の本や論文です。結構昔から言われてますね。

※思い出せる範囲では、影山知明さんの「ゆっくり、いそげ」や田中元子さんの「マイパブリックとグランドレベル」がこの「公/共/私」という尺度に言及していたと思います。

その考え方を、現代のコミュニティに当てはめて感じるのは、その開かれ具合の尺度はグラデーションで表現でき

もっとみる

Nサロン未来会議 ×議論メシで肩書き考えてみた!

3/15(金) 株式会社ピースオブケイクにて行われた「Nサロン未来会議」のイベントでの「肩書きをつけあうワーク」についてメモ。

肩書きをつけあうワークの流れ

■個人ワーク 
・自分の過去/現在/未来(やりたいこと)を書き出す:7分
■3人ずつのグループワーク
・1人が個人ワークを3分間発表
・残り2人から3分間インタビュー
・インタビューした人が1分間肩書き検討
・肩書きプレゼント

つけても

もっとみる

自己開示における心理的障壁

未来会議 自己開示

自分のことを人に伝えるのが苦手でした。
理由はたくさんあって、それらが心理的障壁を作っていました。
Nサロンに参加してから反芻する日々。

ダークサイドに陥っていた、私のような人もいるかもしれないと思い書きました。

#Nサロン #未来会議

1.3つのゾーン コンフォートゾーンディスカッション

黒田さんの「人には3つのゾーンがある」という三重丸の図から、信号機の色のイメー

もっとみる

発掘(Mining)と耕作(Cultivating)を一致させる

独自通貨を発行しているコミュニティでは、その通貨をもらうアクションのことを「マイニング」といいます。

マイニングは"発掘"を意味していて、もともとはビットコインなどの仮想通貨を得るために行う計算を意味する言葉でもありました。

※仮想通貨ではマイニングによってブロックが生成され、ブロックチェーンとしての機能が成立しています。だから、その貢献のリワードとして仮想通貨が得られる仕組みになっているので

もっとみる