たびしゃしん

17
ノート

恐山の宿坊でできることと、死と向き合うことについて

令和初日は、恐山の宿坊から始まった。日本三大霊場の1つにも関わらず、ガイドブックにもあまり情報がなく、行ったことのある人も聞かない。同じ霊場の...

2

「個性がない」は、悩むだけムダ?-3泊4日の参禅修行①

今年はやけに“修行欲”が高い。平成最後の夏だから? うまく説明できないけれど「ちょっと落ち着いて軸を整えたい」みたいな気持ちになっている。 そ...

1

旅と恋と、魔法と現実と。

8人で「書く日、書くとき、書く場所で」という共同マガジンをやっています。今回は「始まりと途中と終わりの一文が決まった文」 を書きました。 ------...

0

「今到着しました」が英語で言えなかったカナダ留学初夜

大学1年生の春休み、カナダのトロントへ3週間の語学研修に行った。海外経験はほぼ皆無。けれど不思議と緊張は無かった。浪人時代は英語強化の予備校に通...

0

自分の正義、それをふりかざす状況

ネパール最後の夜、私は病院のベッドで点滴につながれたまま胃痛と戦っていた。ゲストハウスでシャワーを浴びている途中、胃の辺りに違和感を覚え、着替...

0

火葬場でのシャッター音が何気ない日常

ガンジス川の支流があるパシュパティナートは、川岸がヒンドゥー教徒の火葬場になっている。葬儀場?と思うけれど、ここは世界遺産に認定されたヒンドゥ...

0

もっともっと知りたいよ、サドゥー

ガイドブックを見た時から、気になっていた人がいた。 彼の名は、サドゥー。ヒンドゥー教における修行僧で、ウィキペディアではこう語られている。 ...

0

小さな村にある、大きな「家族」

ヒンドゥー教では「ティージ」と呼ばれる、女性のためのお祭りが夏に開催される。私がその存在を知ったのは、ホームスティさせてもらった村で、ちょうど...

0

もしもあの時、彼からのメッセージが無かったら

If you go there can I ask a favor!? I mean if you go to bhaktapur Facebookでネパールの投稿をすると、ブラジル人の友人からメッセージが届いた。...

1

コン、コン、コン、お邪魔します。

キコ、キコ、キコ、糸を紡ぐ。 近くに行くと、「やってみる?」なんて差し出してくれるおばあちゃん。 トン、トン、トン、木で刃を叩き、彫刻を作る。...

2