見出し画像

食材のお裾分け_フードバンクの必要性

三股町で子ども食堂をしている「りんりん」の津崎さんより「卵をお届けするよ」ってたくさんのおすそ分けを頂きました。

とても新鮮な卵なので、市内の子ども食堂などにもおすそ分け。

子ども食堂や生活困窮に関する支援などを始めると、色々な寄付や食材を頂くことが増えます。1箇所だけで頂くと使い切れない食材も出てきたりしていい方法はないかと、宮崎県内ではネットワークを作り県内全域で色々な「シェア」を行っています。

情報、食材色々なものや事のシェアをすることで、県内全域の機運も高まり子ども達の環境が向上すれば、こんなにいいことはありませんね。

さて、先日は日向でフードバンクを始めている堀さんがみやこやへ来てくれました。フードバンクは運営も含めて色々と難しい部分もあるため、私自身興味はあるものの、なかなか手を出せないなあと思っていたのですが、こうして本気で取り組んでくれる方が出てきたのはとてもうれしい!

子ども食堂の増加と共に、フードバンクの対策は必要になってくるかと思いますので、今後もこの可能性を探りながら協力をしていきたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サンクス
2

みやこ

「自分の住む町は自分で守る」をミッションに、地域密着型デイサービスと子ども食堂を組み合わせながら、自治会(町)単位の地域包括ケアシステムを構築しようと実践中。 実践課程を通して見えてきた様々な課題や解決法をこちらに書き綴ってみたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。