見出し画像

【連載小説】聖ポトロの彷徨(第16回)

39日目か?

もういやだ。まだ階段が続いている。

最後の圧縮水分は昨日平らげてしまった。渇きと空腹に勝てなかった。

一体いつまで続くんだ。コムログもゲインに切り替えてしまって、表示が見えないから時間も計れない。ケミカルライトもケチりケチり使っているが、これが最後の一本だ。

明かりが無くなったらどうすればいいんだ・・・今から上に戻ったって、もう遅い。それに、上がったところで、待っているのは食料も水も無い砂漠の廃墟だけだ。

そもそも、この階段は非常出口ではなかったのではないか?
地下から上に向かって移動するためのものとしてはナンセンスな長さだ。非常事態の際にこの階段で地上を目指したとしても、確実に途中で力尽きて死んでしまうだろう。

とすると、これは上から下に向かって移動するために掘られた階段ということになるのだが・・・その目的は全くピンと来ない。私は今極端に疲れているし、腹も減っているし、喉も渇いているし、目は乾くし、汚れた皮膚はカサカサだし、服もボロボロだし・・・こんな状態でまともに思考が働くほうがよっぽどおかしい。これ以上の考察は無理だ。無意味だ。

ああ、どうすればいい? 『最後のあがき』もここまでだろうか・・・畜生、最期まで負けるものか。こうなったら、死の瞬間まで下り続けてやる。人が作ったものなら、人が底にたどり着けないはずが無いではないか。その場所に一体何があるのか見極め・・・

おおおおおお! また地震・・・ああ! ああうおお・・・

ガゴン、ガラガラカラ、ザザザ・・・ゴゴゴゴゴ 

【異常事態検出の為記録を中断しました】



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「人生はなぜ辛いのか?と思ったときに読むブログ」著者、リリジャス・クリエイター。京都でちまちま生きているぶよんぶよんのオジサンです。ブログ転載中、長編小説連載中。みんなの投げ銭まってるぜ!(笑)

ゴッド・ブレス・ユー!
5

みゅんひはうぜん

リリジャス・クリエイター(自分で考えた肩書(笑))。京都市在住の、ぶよんぶよんのオジサンです。 現在ブログからの転載と、コラムを不定期にアップしてます。短編・長編小説もマガジンにありますよ。質問コメント大歓迎! 投げ銭も歓迎! ツイッター@munchausen21

【連載終了】聖ポトロの彷徨

『前任者の書』に記されし楽園「サバラバ」にやってきた一人の科学者が、なぜか無人の荒野と化したサバラバの謎に迫ります。容赦なく照り付ける灼熱の太陽、じわじわと迫る飢えの危機を超えた先に、科学者が見たものとは・・・ SF異世界ファンタジーてくてく冒険シリーズ第二弾。たぶん完結編!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。