発信することを怖がるあなたへ。原田が言われてきたアンチコメントを全て公開します。これ見たら勇気出ると思う。


▽読んでくださった方のご感想▽



コメントありがとうございます(T ^ T)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ツイッターにて引用RTしてくださったツイートは
こちらにてご紹介させていただきます!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




Dear  〜発信することを怖がるあなたへ〜


どうも、原田です。

20歳の頃からフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動してます。

プロフィールに興味あればこちらからどうぞ。


フリーランスで活動していると必ず必要となってくるのが…

『発信活動をする』ということ。


Googleで自分自身の名前を検索してみてください。

もし何も出てこないのならば…

あなたはネット上に存在していないということ。


ネット社会のこのご時世。

フリーランスで活動しているのならば、それは致命的ですよね。


発信活動をしていないというのは

自分の手で首を締めているのと変わりないのです。


.

.


でも…

発信するって、とっても勇気がいること。


表に出ていったばっかりに

批判や誹謗中傷などの声を聞くこと・見ることになる。


.

.


原田も日々いろんなメディアを使って発信しています。

FacebookInstagramYouTubeTwitterブログなどなど。
(フォロー、待ってるぞ。)

表に出れば必ずアンチが出てきます。

そう、必ずです。


生々しいですが、原田が過去にどんなことを言われてきたかを公開します。

これを見て勇気が出ないあなたの背中を押せれば…幸いです。



▽YouTubeによせられたアンチコメント

しっかり読みたい方は拡大してください。笑

YouTubeは匿名という名の仮面をかぶったユーザーたちがストレス発散のはけ口として誹謗中傷のコメントをしている気がする。


どうでしょう… すごくない?笑

こんなの見たらやっぱり発信するのは怖い、辞めとこう…ってなりますよね。

正直、原田もゲロゲロです。笑


「まじでムカつくし、凹むし、泣きそうになる…」

「こんなこと言われるくらいならやめてしまおう…」


何度そう思ったか。。

でもやめなかった。


だって、そんな人たちのせいで自分の夢や目標を諦めてしまうほどバカげた話はないって思ったから。



原田の動画の内容はさておいて、、

どんなに良い人がどれだけ善い行いをしても、批判は必ず生まれます。


ストレス社会のはけ口がネットの中にしかない人がたくさんいるんです。

嫉妬などや理不尽な文句まで…。


.

.

「なんか知らないけどイラっとする」

→あなたが知らないならワタシもその原因は知らないし、イラっとされたところで構わないし。


「キモいなー同じジムなら絡んでる」

→どうせ会わないしあったところで絡んでこないだろうし、絡まれたところで困らないし。(そしてキモくないし!←)

.

.


こんなのまともに受け取ってられないし、気にしてたってしょうがない。


もしあなたが発信活動をすることで辛い想いをするのなら…

その時はやめてしまったらいい。

やめたって誰も怒りはしない。



でもね。

それがあなたの夢や目標につながる通過点ならば

前に進むしかないんです。

誹謗中傷を横目に進むしかないんです。

結果を得るには行動するしかないのだから。


不安でもいい。間違っててもいい。なんか言われたっていい。

とにかく行動に移さなければなんの効果も得られないんです。



でね、忘れちゃいけないこと。

誹謗中傷なんかよりも、もっとたくさんの人が

あなたを応援をしてくれてるってこと。


嬉しいメッセージの方がたくさんもらいます。



一生懸命に取り組むあなたには必ず応援者がいるはずです。

そう、これも必ず!!


あなたの家族や身の回りの人たち、そして同じく前へ進む同志たち。

真っ当に生きてれば、真っ当に活動してれば

そこには必ず応援してくれる人がいるんですよ。

そして応援してくれてる人のためにも一層頑張ろうって思えるんですよ。

発信するのためらってたことさえも忘れるくらい頑張れるんですよ。


人の心って、野次や批判を受けるとだんだん弱ってくるんです。

気にしないって思っててもやっぱダメージ大きいんです。

そんな中で応援してくださる人がいるという安心感はとてつもなく心強い。


もうそれだけあれば頑張れるんです。

そしてその頑張りがまた応援してくださる方々への信用へと繋がるんです。


発信することを怖がるあなたへ。

世間体を気にしたってしょうがない。

自分の手が届く範囲の人たちが幸せになればそれだけでいい。

守るものはプライドか。その両手に繋がる人たちなのか。


大丈夫。

少なくとも、原田は行動するあなたを応援しています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお金は全てタンパク質に変えさせていただきます。

2

直生(nao)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。