田畑浩平 | iOS Engineer

大学は経済学部、今はスタートアップでiOSエンジニアやってます。CI/CDを含む自動化大好き。経済学 x 家庭ハックの記事や3Dプリンタに関する記事、デザインの練習について書く予定です。
固定されたノート

リモートワークのススメ

先日、リモートワークをしてるタイミングで普段思っていることをつぶやいたところ、予想外に反応が。

この翌日、エンジニアの知り合いと飲みながらこの話題になり色々と話したのですが、やはり導入できるのなら導入したほうが会社・個人の双方にメリットがあるな、と自分としては思ったので広めたいなと考え、この記事を書きました。

普段の自分の働き方について

Twitter上ではよくフリーランスエンジニアと勘違い

もっとみる

個人アプリの運用フェーズにおける売上、経費、時給など

今年も前半戦が終わりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

僕は最近ずっと個人アプリの運用・追加開発をしていたのですが、ふと、「2012年に趣味で個人アプリ開発始めてから、1回も月単位で利益とか時給とか計算したことないな...」ということに気付いたので、やってみました。

お金にまつわる記事ですが、以前書いた単価推移の記事とは違い、
・あくまで趣味で開発しているアプリに関する内容であること
・クラ

もっとみる

iOSエンジニアのはじめてのスクリーンショット作成

5月に集中的にデザインの練習を行い

スクリーンショットに関する分析も行ったので、実際にスクリーンショットの作成を始めました。

まずはターゲットユーザーが近いアプリや競合アプリについて、スクリーンショットをダウンロードし、

Sketch上で並べ
・イケてるスクリーンショットはどういったものが多いか
・競合のアプリはどういったポイントを訴求ポイントとして捉えているか

といったところを観察します

もっとみる

データから考えるApp Storeのスクリーンショット

最近、デザインの勉強ばかりしている田畑(@nerd0geek1)です。

つい先日、個人で開発・運営しているアプリの更新をかけようと思ったのですが、みなさんご存知の通り2019年3月27日以降、iPhoneアプリの新規申請・更新にはiPhone XS Max(6.5inch)のスクリーンショットの提出が、iPadアプリの新規申請・更新にはiPad Pro(12.9inch)のスクリーンショットの提

もっとみる

デザインを勉強するために家庭教師をお願いした話

最近、iOSよりデザインの勉強に力を入れているiOSエンジニアの田畑(@nerd0geek1)です。

昨日のnoteでアイコン100個制作チャレンジについて書きましたが
(こちらの記事↓)

その途中で「アイコン作成のベストプラクティス」や「成果物を作る方法が複数ある場合、実際の業務だとメリット・デメリットを勘案し、どのような方法を取ることが多いのか」気になったので、知り合いのおさないさん(@n

もっとみる

iOSエンジニアがアイコンを100個作って学んだこと

最近、デザインの勉強ばかりしているiOSエンジニアの田畑(@nerd0geek1)です。

4月からGWにかけて『はじめてのUIデザイン』を読み、デザイナーが身につけるべきスキルセットの全体像がぼんやりと見えてきたので(関する記事こちら↓)

最も苦手な部分から潰していこうと思い、アイコン制作の練習をはじめました。

4/28〜5/5のGW期間中に66個、それ以降で34個作成し、総所要時間は47時

もっとみる