ジェフ・フレッチャー(エンゼルス番記者)

現地紙オレンジ・カウンティ・レジスターのエンゼルス番記者が、日本向けにここでしか読めない大谷翔平の最新情報をお届け。メジャー取材歴22年。2013年よりエンゼルス担当。米野球殿堂入りを決める投票資格も持つ。(協力・翻訳: 志村朋哉、元レジスター記者)

親子3代でスカッグス追悼試合を観戦して感じたこと

大谷翔平とエンゼルスは、2019年7月12日を忘れられない一日にしてくれた。 チームの人気者タイラー・スカッグス投手が突然亡くなってから最初のホームゲーム。エン...

「期待を上回る」打者大谷翔平

打者として復帰してからちょうど2か月。大谷翔平の活躍は、ブラッド・オースマス監督の想像を超えている。 「打撃に関しては期待以上だった」とオースマス。「パワーとい...

ブルペン投球再開の大谷翔平=打者としての出場に影響はあるのか?

大谷翔平がマウンドからの投球練習を始めたことで、今シーズン中に投手として復帰できるのではないかと考え始めた人もいるだろう。

トラウトのHRダービー出場は?=メジャー番記者があなたの質問に答えます(第9回)

大リーグを取材するアメリカ人記者が、ファンからの質問に日本語で回答するという、ネット史上初(かもしれない)のこの企画。 質問をしたい方は、日本語、もしくは英語で...

大谷翔平、ホームラン競争参加に意欲的=招待は十分あり得る

メジャーリーグ機構(MLB)が大谷翔平にホームラン競争に参加して欲しいのであれば、本人は乗り気だ。 ただし、まだ球団とは話し合っていないことを大谷は認めた。エンゼ...

大谷翔平を初回のみ起用する「奇策」について考えてみた

(こちらの記事はお得な有料マガジンにも含まれています。) 金曜日から日曜日にかけて、エンゼルスは指名打者制のない敵地セントルイスで3試合を戦う。つまり大谷翔平は...

100