見出し画像

聞くことの深にゃ。

こんばんは。猫です。

今日は、名古屋市千種区の西念寺さんというお寺で『聞くことの愉しみ、聞くことの深み』<破>というワークショップが開かれましたにゃ。

「聞く」を長年探求されてきた橋本久仁彦さんという人が大阪から来て、朝から晩まで、盛りだくさんでしたにゃ。

みんな、にゃんだか真剣な顔をして、橋本さんの話に耳を傾けたり、質問したりしていたし、ノートにも文字がびっしりだったけど、猫にはなにがなんだかわからなかったですにゃ。

でも、

さむかったけど、たのしかったにゃー。

ということで、こんばんは。澤です。
西念寺さんの飼い猫「くぅ」さんになごみながら、無事、会が終わりました。

いやー、なんという充実。

でも、まだあまり言葉になりません。
猫が言うように手元には今日書いたメモがいっぱいあるんですが、いま読んでも意味わかんねぇ(笑)。

やはり、あのとき、あの場で、あのメンバーとの間で、あの口調で語られたからこそ、命が宿った言葉だったんだなあとつくづく思います。そして、そのときの印象はちゃんと身体に刻み込まれている。

とはいえ、一つだけ、とっても重要だと思ったことをお伝えしますと、

聞くってね、こんな感じ。

・・・

・・・

・・・

・・・(まだ手を出さない)

・・・

・・・

・・・

・・・(まだ手を出さない)

・・・

・・・

・・・

・・・(まだ手を出さない)

・・・

・・・

すると、



わっ、




ひたすら相手の言葉についていき「歌」を妨げないようにしていると、人は自ずと最も重力の高いところに向かっていく。

その前にいくらでも「助けようか」「こんなことできるよ」と言いたくなるレスキューポイントはあるんですが、そこも全部ついていく。

そうすることで見えてくる世界がある。
そうしないと見えて来ない世界がある。

そんな「そのまま聞く」ことのすごさを、改めて認識させてもらった時間でした。

って書いてても、言葉が陳腐に思えてきます。
そのくらい、おっきなものを受けとって充たされた一日でした。

橋本さん、共同主催の吉橋さん、参加してくださったみなさん、関心を寄せてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

今日は、2019年最初の新月。
新年の最高のスタートになりました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったぜ。
1

澤 祐典

音楽家、社会福祉士。15分のお話から世界に二つとない曲をおつくりする『あなたのうた』、歌える人生の扉をひらく『歌い手冥利』、ハナウタから曲ができるまで伴走する『作曲事始』といった歌、作曲、人の話を聞くことに関する仕事をしています。

あしたの小窓から。

小窓のむこうに、ちいさな「あした」が見える。 ここでは音楽、教育、投資、スピリチュアルなどについて、考えたり感じたりしたことをつれづれに綴っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。