映画の中の言葉。

30
ノート

A.I. では無く人間だから。

ティ・チャラ
「それが人間か?」

オコエ
「完璧な人間などいない」

(映画『ブラック・パンサー』より)

人間だから、
と、仕方なさばかり
認めていたら、

何にも変わらない
と、私は考えます。

その考え方が
「冷たさ」
と捉えられるようです。

でも、誰かが、
言わないと、変えないと、
ずっと苦しむ人がいる。

それを、仕方ない、
人の輪が、と
嫌われないように

もっとみる

成長することが人生。

ロキ
 「今回は本当に悪気はないんだ
  たんまり善意が出てるんでね」

 ソー
 「先が読みやすくなってるぞ
  信用すると裏切る
  その繰り返し

  人生とは成長して変わることだ
  だが、お前は少しも成長しない」

 (映画『マイティー・ソー
     バトルロイヤル』より)

でも、結局、同じことを、
繰り返してしまうもの。

他者が関わると、
裏切られて悲しんで、

もっとみる

自分の考えを持つ。

スパイダーマン
 「スタークさん、
  僕は何をすれば?」

 アイアンマン
 「これ以上
  何もするな!」

 (映画『スパイダーマン
     ・ホームカミング』より)

リーダーとして、
考えを持って行動することは、
リーダーシップの発揮に必要です。

その考えをメンバーに対して
伝わるように伝えること、

もしくは、意図を汲み取り、
自分で考えて行動できる人財を
育て

もっとみる

時に核心を突く。

ロケット
 「俺の何が分かる?」

 ヨンドゥ
 「何もかもだ。
  必死でイキがってても
  誰よりも臆病者だ」

 (映画『ガーディアンズ・
     オブ・ギャラクシー
     リミックス』より)

リーダーとして時に、
言いにくいこと
核心を突くようなことを

相手にとって嫌な言い方で、
伝えなければならない、
そんな時があると思います。

なぜならば、
曖昧な、その場し

もっとみる

人のためにあれ。

エンシェント・ワン
「それが妨げになっている。 
傲慢さと恐れのせいで
最も大切な教えを学べずにいる」

ドクター・ストレンジ
「何です?」

エンシェント・ワン
「人のためにあれ」

(映画『ドクター
・ストレンジ』より)

ーーーー

私は、これまで、
自己犠牲の上で、
他者に尽くしてきたように
振り返っています。

だから、
言葉では利

もっとみる

いつか、きっと。

キャプテン・アメリカ
「間違った状況を無視できない
できたらいいのに」

アイアンマン
「ウソだ」

キャプテン・アメリカ
「そうだな・・・」

アイアンマン
「ときどき その白い歯に
パンチしたくなる。
だが、いないと困る
君が必要だ」

(映画『シビル・ウォー
キャプテン・アメリカ』より)

――――

私は世界を救うような
大きな仕

もっとみる

心の切り替え。

ラング
「迎え すまん」

ルイス
「ムショ仲間の出所だから」

ラング
「彼女は?」

ルイス
「出てった」

ラング
「おぅ・・・」

ルイス
「お袋は死んだ」

ラング
「・・・・・・」

ルイス
「親父は送還
でも車がある」

ラング
「いいねぇ~」

ルイス
「だろ?」

(映画『アントマン』より)

ーーーー

楽天的?
いやいや、見習い

もっとみる

プロフェッショナル。

ワンダ
「なんてことを・・・」

バートン
「大丈夫か?」

ワンダ
「私たちのせい・・・」

バートン
「俺を見ろ、
今さらどうでもいい。
戦えるか? どうだ?

いいか街が宙に浮いている
街が宙に浮き、敵はロボット
俺の武器は弓、笑えるだろう。
でも戦うのが仕事だ。
子守してる暇はない
君たちが何者でも関係ない

もっとみる

誠実さ。

ガモーラ
「もめごと?」

クイル
「約束を破られた。
不誠実な男は嫌いだね」

(映画『ガーディアンズ・
オブ・ギャラクシー』より)

ーーーー

私は、不誠実な対応を
繰り返し、何度も何度も
仕向けられたことがあります。

不思議なもので、不誠実な方は
不誠実を繰り返されるようです・・・
(苦笑)

リーダーとして、いや人として、
私は『真摯さ』

もっとみる

先ずは丸呑みして従ってみる。

キャプテン・アメリカ
「でも、自由のために戦った。
これは恐怖だろ」

フューリー長官
「シールドは物事を現実的に見る
君もそろそろ我々の方針に慣れろ」

(映画『キャプテン・アメリカ
ウインター・ソルジャー』より)

ーーーー

組織で行動を起こす以上、
チームワークは必要不可欠です。

例えば、相手が恐怖を感じても、
従わせることが

もっとみる