検察側の罪人

週刊roughマガジンVol.13

最新注目ニュース5選

N国党の主張は「問題」 NHK経営委員長

NHK側の受信料支払い義務というビジネスモデルの方が大問題だと思うがね。普段はスクランブル放送をして、何か問題があった場合スクランブルを解除すればいいだけなんだよね。何故その議論すらしようとしないのか疑問でしかない。

緒方孝市監督を厳重注意 6月に野間に複数回の暴力 本部長「手を上げたらダメ」

暴力はアウトだよ。厳重注意で済む

もっとみる
お読みいただきありがとうございます!励みになります!
8

「検察側の罪人」感想

上映期間中には映画館で観られなかったのですが、WOWOWで放送されていたので、「検察側の罪人」鑑賞しました。

原作本は上下巻持っているのですが、上巻の途中までしか読めていないので(笑)60%前知識がない状態での視聴です。

一言で言えば、特に好みではない。

なんか、もう少し掘り下げてほしかったという気持ちである。

その上、ストーリー上別になくても良くない?というシーンもいくつかあり、それを削

もっとみる

第7回✾小春会✾

-
先週開催しました第7回#読書倶楽部小春日和 の#小春会 のご報告です。
ここ最近の中では一番人数の少ない5人(主催者含む)での開催でしたがその分転々とする話題に対してじっくり話を深めていけた時間でした♫
それでは今回も作品を紹介します❤*

#これからの正義の話をしよう #マイケルサンデル
■相対的な定義について
#旧約聖書創世記 (岩波文庫)
■一神教 唯一なる神との出会い
#検察側の罪人#

もっとみる

足利事件を忘れるな

足利事件を知っていますか?すごく簡単に説明すると以下になります。

①非人道的で残虐な事件である。

②日本で初めてDNA鑑定が犯人逮捕の決め手となった

③裁判でも有罪の証拠として採用された。

④その事件は冤罪が証明された。

⑤真犯人は今も自由に生活している。

ものすごく簡単に言うとこれだけですが、裏でとんでもない事が起きています。そしてそれは、日本は法治国家でなくなりつつある事を示してい

もっとみる

華生ばかり #0110

もうあのー、基本的には、ずーーっとスランプで困ってます。ラジオも変だもんな、最近(自分的にはだいぶ変だなって思うことが多いです)。スランプでもできることっていうのが作品を頭の中にインポートすることなので、映画なんかは無茶苦茶見てます。あとはもうここ数年、まともに雑誌も読んでないなぁと思って、超久々に美容院でファッション雑誌を手に取ってみたり(普段はオレンジページ。読み終わったらゴシップ週刊誌の中に

もっとみる

役者「木村拓哉」について

先日の記事の続編です。

私はドラマや映画が好きで、特に役者さんの演技などを細かく見るのが大好きなのだけど、前々から役者として興味を持っていた一人が「キムタク」こと「木村拓哉」さんだった。

よく、「どれをやっても何をやっても【キムタク】」みたいなことを言われることが多いと思うんだけど、若い頃は私も、確かにそう思ってたこともあった。
今も、なんでそう言われてしまうのか、まあ分かる気はする。

でも

もっとみる

映画 検察側の罪人

検察側の罪人を観た。(ネタバレあり)

キャストが豪華だということで家にテレビのない自分にも情報が回ってくるほどの注目度

でも映画.comの評価は低い
観た人の感想も「わかりずらかった」というのが多い

しかし働いている書店で原作の文庫の売り上げが伸びた。それも映画公開後に。
(普通は予告の段階で興味をそそられて買う人が主で、公開後には売り上げが落ちる傾向。
以前同じく公開後に売り上げが伸びた原

もっとみる

『検察側の罪人』、その”罪”を問い直す

【『検察側の罪人』/原田眞人監督】

全編に通底する、極めて壮絶な緊張感。

現代の日本社会へ向けた鋭く痛切な批評と、スクリーンの前の観客一人ひとりに突き付けられる重たい問いかけ。

知的エンターテイメントとしての「映画」に、僕たちが求めるもの全てを見事に内包している。

そして奇跡的なことに、今作において、木村拓哉と二宮和也の初共演が実現した。

ここには"キムタク"と"ニノ"はいない。

木村

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
8

2018年邦画実写映画特集

【2018年邦画実写映画特集】

このnoteは2018年映画興行収入を邦画実写映画の視点から考察しています。
読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。
また、「2018年映画興行収入ランキング」も是非1度ご購読ください。

○目次○
○第一章「2018年邦画実写興行収入ランキング」
○第二章「劇場版コード・ブルー」
○第三章「銀魂2」
○第四章「DESTINY 鎌倉ものがたり

もっとみる

インドへ

今日から2泊(+1機中泊)4日のインド出張に出ます。本日は目的地、デリーまでの移動だけなので、有意義な一日にしたいと意気込んでおります。今日の記事は、今日一日の出来事を細切れで書き残す日記(雑記)に取り組んでみたいと考えております。

1.  自宅~品川駅
朝6:15起床。最寄り駅から品川駅へ出て、成田エキスプレス(NEX)に乗り換えて成田空港第2ターミナルへ向かいます。

品川駅のホームでは、乗

もっとみる
スキを押していただき、ありがとうございます。大変励みになります。
6