高北謙一郎

物書きです。こちらでは長篇の連載および過去の朗読原稿の紹介をしています。プロフィールから【ある瓦斯灯の下で君を想い唄う】の連載1-1に入れます。 hatenaにて雑記ブログ(高北謙一郎の「物語の種」)も更新中。 https://www.takakitablog.work/

掌編 月夜の蓮  高北謙一郎

こんばんは。遅くなりました。週に一度の掌編投稿です。何故に遅くなったのかというと、たったいま、書き下ろしたから。はい、久々に掌編を書いてみました。そろそろ朗読イベントで使っていた原稿のストックも底を尽きかけているので。

先日、たまたま蓮の花を撮影しに行きました。どうしてだか、私の頭のなかには月夜に咲く蓮の花が思い浮かべられました。この物語は、そんな月夜に花ひらく蓮をイメージしてつくられました。

もっとみる
週に1度は短篇も投稿する予定です。よろしくお願いします。
2

掌編 孤独の楽園  高北謙一郎

こんばんは。週に一度の掌編投稿です。短い物語でも、基本的には長篇に成り得るネタで書いています。この作品は、どこかで長い作品に書き直す予定ですが、その核となった部分はこれ、ということでご紹介。キーワードはウユニ塩湖とウィトゲンシュタイン、かな?

いつものように投げ銭設定。お楽しみいただければ幸いです。

【孤独の楽園】                高北謙一郎

「すべての音には印がある」と、かつ

もっとみる
週に1度は短篇も投稿する予定です。よろしくお願いします。
3

掌編 孤独なふたり 高北謙一郎

こんにちは。恒例の掌編投稿です。昨日、どしゃ降りの中、遊園地に撮影に出掛けました。雨の遊園地はふだんの華やかな雰囲気とは違い、どこか孤独の影がひっそりと横たわっているようでした。というわけで、本日は孤独にまつわる物語。いつものように投げ銭設定。お楽しみいただければ幸いです。

   【孤独なふたり】          高北謙一郎

ボクは、常に孤独とともにある。

そう言うと、いくらかのニンゲンは

もっとみる

掌編 万華鏡・浄化  高北謙一郎

こんにちは。恒例の週に一度の掌編投稿です。今回は二部構成。前半は男性視点。後半は女性視点での語りにて。いつものように投げ銭設定。お楽しみいただければ幸いです。

第一部【万華鏡】             高北謙一郎

眠りの中で、自分が夢を見ていることは判っていた。

なぜなら、なんの前触れもなく空から落下する自分の姿を見ることができたからだ。

ぼくは暗くよどんだ雲を突き抜け、降りしきる雨ととも

もっとみる
リアクションがあると本当に嬉しいです。ありがとうございます。
4

掌編 混合 高北謙一郎

こんにちは。週に一度の掌編投稿です。今年もあっという間に6月。もうすぐ梅雨入りですね。というわけで、今日は苔とカビのお話。和風伝奇ホラーっぽい作品です。今回も投げ銭設定。お楽しみいただければ幸いです。

【混合】                高北謙一郎

村と村とを隔てる深い森の中、苔むした岩場の陰が、わたしたちの逢瀬の場所だった。

平和な時代ではなかった。周辺の村々では諍いが絶えず、わたした

もっとみる
ありがとうございます。お楽しみいただければ幸いです。
1

掌編  誘惑  高北謙一郎

こんにちは。週に一度の掌編投稿。今回は、7年間続けていた朗読イベントの最終回に読んだ作品。この前、飲み会の場で偶然「青い街」の話題が出たことで、ふとこの作品を思い出しました。「あぁ、そういえばそんな作品を書いたなぁ」と。あれからもうすぐ1年。なんだか懐かしい。

今回も投げ銭設定。お楽しみいただければ幸いです。

 【誘惑】                高北謙一郎

もうすぐ、雨が降り始めるよ―

もっとみる