レア店、松屋のカレー専門店が意外と悪くない!?(マイカリー食堂 板橋本町店/板橋本町/カレー)

皆さんは、牛丼の松屋のカレーを食べた事があるだろうか。
あそこのカレーは何回もバージョンが変わっているものの、常に一定のクオリティを保っており、なおかつカレーファンが「あそこのカレーはマニアックだよね」と評するほど、独自路線を突き進む味なのだ。

ただ、松屋本体では価格を下げざるを得ず、300円前後という衝撃的な価格設定の中で、頑張れるだけ頑張っているという苦心の跡が見て取れた。
カレーマニアであればあるほど「あ~~本当はもっとコレをああしたいんじゃないかなあ」と妄想してしまい、全力で応援したくなる代物なのだ。

ところが、何年か前から松屋はカレー専門店をやり始めた。その名も 『マイカリー食堂』 という。
この業態は実験店なのか非常に数が少なく、今のところ府中・三鷹・上野、そして我が愛する板橋区の大和町交差点付近と、全国で4店舗しかない。

このラインナップだと板橋本町だけ浮いているように思う……。
なぜあんな場所に出店したのだろう……。

という訳で、息子を連れて駄菓子屋ゲーム博物館に遊びに行ったついでに、念願のマイカリー食堂に突撃してみた。

松屋カレーが 「松屋」 という鎖から解き放たれると、どんな味になるんだろう。とても楽しみだ。

この続きをみるには

この続き:2,277文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンに入っている、もしくは今後追加される記事が月額500円で全て読み放題。メインとなるお固い系の記事と、週に2~3本追加されるその他の限定記事とで、毎月20本程度はアップできるよう頑張っています。限定記事の中には、本来私がフィールドワークとしているグルメ・飲み歩き系の記事や動画、下町や商店街をテーマにした地域批評ネタなど、幅広いジャンルが含まれます。記事を単品でご購入いただくより遥かにお得です。

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からの金銭サポートがあると、子育てに追われる哀れなオッサンの生活がいくらか楽になると思わせておいて、息子の玩具やお菓子や遊園地代で殆ど溶けます。

5

荒井禎雄

板橋区の専門家を自称するフリーライターだったが、ハッタリが本当になって板橋区に関する著書が複数、板橋区公式の観光本にも参加。息子に対する犯罪者ギリギリの濃厚な愛には定評がある。ご意見ご要望は→ https://twitter.com/oharan

月刊汁マガジン【2019年5月号】

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多岐に渡る記事や動画を詰め込みます。 ※毎月約20記事アップ予定。一度ご購入いただきますと、その月のマガジンに追加されるすべてのコンテンツが見...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。