勝つサンド

1、トンカツ慕情

グルメ漫画で名高い「美味しんぼ」で、トンカツの話があります。

ネタバレになるので詳細は省きますが、作中にこんなセリフがあります。

「いいかい、トンカツをな、トンカツをいつでも食えるくらいになりなよ。それが、人間えら過ぎもしない貧乏過ぎもしない、ちょうどいいくらいってとこなんだ」

今回はトンカツの話です。

そもそもトンカツの語源は、フランス料理のコートレットから。これが英

もっとみる

これぞ「THEとんかつ」な両国の名店!(はせ川/両国/とんかつ)

以前、両国の総武線の高架下にある「いちかつ」というとんかつ屋を紹介した。https://note.mu/oharan/n/n0e33ff8d507f
この店は、在りし日の神保町いもやのような、小銭でお腹いっぱいになれる超大衆的なとんかつ屋である。

そんないちかつから歩いて1分ほどの場所に、対照的な ”クオリティ重視タイプ” のとんかつ屋がある。

横綱通り仲ほどにある『はせ川』さん。この店はとん

もっとみる

最近出来た、小さなカツ丼定食。味噌汁リアル。どんぶりは日本の文化。作り方マガジンで公開します。

ロースカツ膳のボリューム

今日の夜ご飯は家族とトンカツ屋さんに行った。僕はロースカツ膳180gを注文。とにかくボリュームがすごい。キャベツも山盛り。ご飯おかわり自由。味噌汁おかわり自由。食べてる途中からあまりのボリュームに意味が分からんようになった。お腹を満たすとはまた別の目的になっていた。何もかも多すぎる。収拾がつかん。意味が分からん。人は食べ過ぎると意味が分からんようになる。パニックに陥った。必死に平静を装って全部食べ

もっとみる

みんなは揚げ物に塩をかけないのか……?

どうも、気になる。
 私はこの二十数年の人生で、トンカツやアジフライのように小麦粉・卵・パン粉をつけて高温の油で揚げる食べ物(以下、「カツ類」と略記)には、常に塩をかけて食べてきた。なぜなら、これが一番おいしいと思うから。塩派とソース派の二大派閥に分かれてて、ソース派のほうが優勢なんだと、信じて疑っていなかった。しかし、ここ数年でこの個人的常識は覆った。皆カツ類にはソースをかける。塩をかける人を思

もっとみる

あのときのとんかつへの執着

今まで生きてきた中で時々無性に食べたくなるものがある。とんかつもそのひとつだ。だが、薄いとんかつは逆に満足度を削がれてしまう。
 職場の近くにとんかつのお店があるが、そこのとんかつは薄いので、なんだか悲しい気持ちになってしまう。

 そんな中、満足できるとんかつに出会ってしまった。脂感、肉厚感、何をとっても、一瞬で惹き込まれてしまった。揚がるまでの時間が待ち遠しい。そんな食事の時間って、とても幸せ

もっとみる

“ピノキオなす”ってなんだ???

「今日の収穫は“ジャンボピノキオなす”です♪
確かにピノキオみたいです(^∇^)」
と姪のスーさんから23日の夜遅く、変なメールがきた。

⬆︎これが“ジャンボピノキオなす”だ。なんとも、強烈な個性のあるなすで、笑ってしまう。

“ピノキオなす”じゃない“筑陽”っていう品種のなすもピノキオみたいなのが2本も生えてました(*゚∀゚)❗
なんで❗❗❗
なので、筑陽なすをピノキオにしてみましたΨ(`∀

もっとみる

そぼろ丼とトンカツ

2019.06.10

夕勤明けのお休み。前日の寝た時間が5時くらいだったので12時に起床。
起きたと同時にお昼休みで妻が一時帰宅。

朝の時点で挽肉を用意してたようで、こんなにちゃんとしたご飯を起き抜けにいただく。

そぼろ丼。甘辛い挽肉でご飯が進む。合間に挟む卵のお陰飽きが来ない。丼料理の満足度たるや否や。

妻が仕事に戻ったため家でゴロゴロしていたら猛烈な睡魔に襲われたため1時間ほど昼寝

もっとみる

長崎館

日本橋にある
長崎県のアンテナショップ「長崎館」で
トルコライスを食べました
 
トルコライスは
ナポリタンスパティ
トンカツ
ピラフを一つの皿に盛り
ソースをかけた料理のようです
ピラフはカレーピラフもあり
ソースは
トンカツソース、デミグラスソース、カレーなどを
かけるようです
 
なぜ「トルコライス」と言われるのかは
よく分かっていないらしいです
ナポリタン→イタリアとカレー→インドの中間→

もっとみる