着物ポスター大炎上で【女vs女】 の不思議な構図(日本の奇形フェミの秘密が明るみに……?)

呉服屋ポスター大炎上の巻

つい先日、銀座のいせよしという呉服店のポスターが大炎上したのをご存知だろうか。
2016年頃のポスターとキャッチコピーがいまさら掘り起こされ、その内容を見た方々が烈火のごとく怒り狂っているのである。

「ハーフの子を産みたい方に。」着物ポスターのコピーに批判殺到 銀座いせよし「着物に関心を持ってほしかった」
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0620/blnews_190620_8296692327.html

着物姿の女性と共に、「ハーフの子を産みたい方に」「着物を着ると、扉がすべて自動ドアになる」「ナンパしてくる人は減る。ナンパしてくる人の収入は上がる」といった、強く ”男ウケ” を狙った文言が踊っており、それがフェミ様に限らず多くの女性の怒りを買ったようだ。

実は仕掛けたのは勝ち組女性

ところが、炎上騒ぎが長引くにつれ、自然と詳細な情報が掘り起こされ、このポスターを手掛けた人間が女性だった事が発覚した。
まず、キャッチコピーを考えたのは博報堂の女性社員Aさん。彼女の本名や顔写真などはすでに晒されまくっている。
そして、このポスターを発注し、内容にGOを出した銀座いせよしの店主Bさんも女性なのである。

しかも、AB両氏には共通する要素がある。

Aさんは博報堂という業界大手、というか二大巨頭の1つである広告屋に努めており、なおかつ写真を見たら分かるように中々の美人さんである。
もう一人のBさんは、老舗呉服店『伊勢由』に生まれ、30歳そこそこでシティバンクの銀座支店長に抜擢、その後は生家の伊勢由を継いで5代目となり、後に伊勢由から独立して個人のお店である『銀座いせよし』を立ち上げたという見事なキャリア。

お分かりいただけるだろうか、この炎上ポスターのプロジェクトに深く関わるキーマンの2人の女性は、どちらも ”超勝ち組” なのである。
博報堂勤めの美人さんという勝ち組女性と、生家の老舗呉服店を継いだ元キャリアウーマンという勝ち組女性とがタッグを組んだ結果、今回のマッチョイズムに溢れたポスターが誕生したのだ。

この続きをみるには

この続き:1,233文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンに入っている&今後追加される記事が月額500円で全て読み放題。メインとなるお固い系の記事と、週に2~3本追加されるその他の限定記事とで、毎月20本程度はアップできるよう頑張っています。限定記事の中には、私がフィールドワークとしているグルメ・飲み歩き系の記事や、下町や商店街をテーマにした地域批評ネタなど、幅広いジャンルが含まれます。記事を単品でご購入いただくより遥かにお得です。

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多...

または、記事単体で購入する

着物ポスター大炎上で【女vs女】 の不思議な構図(日本の奇形フェミの秘密が明るみに……?)

荒井禎雄

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からの金銭サポートがあると、子育てに追われる哀れなオッサンの生活がいくらか楽になると思わせておいて、息子の玩具やお菓子や遊園地代で殆ど溶けます。

2

荒井禎雄

月刊汁マガジン【2019年6月号】

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多岐に渡る記事や動画を詰め込みます。 ※毎月約20記事アップ予定。一度ご購入いただきますと、その月のマガジンに追加されるすべてのコンテンツが見...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。