呉服

10回目のnote

おはようございます!真心チャンネルのまるでーす!!

なんと今回10回目のnoteとなりました。ありがとうございます。何事も継続は力なりです。まだ、あっ!書かなあかん!って思う時があるので、習慣にはなっていないなぁと思います。

が!なんとか10回目迎えたし、おかげ様で、観覧回数も累計300回を迎えることができました。本当にありがとうございます。

昔、西川きよしさんが選挙で

「小さなことからコ

もっとみる

まずはシンプルにいきます。

えー、7月15日から私のYouTubeチャンネル「真心チャンネル」が無事に始まりました。

本当にありがとうございます。手伝ってくれたカメラマンや編集してくれた先輩本当にありがとうございます。また、1日経過して14名の方がチャンネル登録してくださりました。本当にありがとうございます。感謝しています。

僕は、Twitterでも述べましたが基本的に有言実行タイプです、これこれする!いつまでになになに

もっとみる

今日からです。

どうも、おはようございます。今日の6時頃にチャンネル配信します。

お手柔らかにお願いします。着物のためにって言うたら大げさやけど、いろいろある着物業界の中でなんとか未来へ繋げていけるようにやれることをやりたいと思います。

よろしくお願いします。

チャンネル登録よろしくお願します!!

(一回言うてみたかったやつ)

https://www.youtube.com/channel/UC2omV

もっとみる

いよいよ!!

ついに明日から真心チャンネル配信ですね。ほんとありがとうございます。

去年の4月から呉服の仕事を独立し、なんとか1年が経ってでも心の中ではこのままやとたぶんだめだろうなって思っていました。違う業種でなんかできないかなとかも思ってました。

でも、自分には武器になる物がなんにもなくて、気づいたら呉服の仕事をやるしかないわと思って、そっから世の中の流れをみて、まずはSNSを始めて、ほんでYouTub

もっとみる

好きな言葉

おはようございます!

昔からのことわざで

「朝起きは三文の徳」

ということわざがありますが、最近は朝起きて三文しか稼げへんねやったら寝るわ!!っていう風に思う人もいるみたいです…。なんか現代って感じですね。

しかしですね、やっぱり昔からいい伝わる言葉は素晴らしい言葉ばかりやなと僕は思います。今日はですね、僕の好きな言葉を書いていきたいと思います。

まず、生きていく上で大事にしている言葉で

もっとみる

ささやかな幸せ

どーも、こんにちは!

今回でなんと5回目のnoteですねぇ〜。ありがとうございます。もうネタ切れです、やばいです。改めてほんまに薄っぺらい人生を歩んでいるんやなと自覚して、猛烈に濃い人生にしようと必死です。笑

(今日は悪魔のささやき君が一緒にいます…)

今日は最近あっためちゃくちゃ幸せやったことを書きたいなと思います。

(最近とか言うて実は昨日です、筆者ええ感じのカッコつけです。)

僕は

もっとみる

初撮影!!

みなさんおはようございます!真心チャンネルのまるです!

昨日は初めて動画の撮影をさせていただきました。まずは3分くらいのご挨拶の動画ですが、これがですね、3時間くらいかかりました。笑  正直前の日に台本を考えてつくろうと思ったんですが、カメラ向けられればしゃべれるやろっていうわけわからん自信があって撮影前まで考えてなかったんですよ。これが大失敗ですよね。いざ、撮影始まると全っ然しゃべれないんです

もっとみる

フォリアが制作する和装品について

こちらの着物は、工房構成員の甲斐凡子が、大島紬の無地を染めたものです。

名古屋帯は、親方の仁平幸春が染めた桃山時代の辻が花を題材にした「菊疋田」という題名のものです。疋田の部分は、あえて辻が花の黎明期のような感じに不揃いに、一粒一粒手で糊を置き、表しています。

下の写真は、同じ大島紬の着物に、帯が「全面ロウムラ加工」という、ロウによる色のムラを強調した名古屋帯で、ちょっと北欧的な感じの配色です

もっとみる

ここ最近における呉服の炎上のことについて

3回目のnoteですね〜。今回は、ここ数週間で起きた、銀座いせよしさんの炎上ポスターとキムカーダシアンさんによるkimonoの商標登録について書いていきたいなと思います。

ハーフの子を…ナンパされない…みたいなキャッチコピーで着物のことを宣伝した、銀座いせよしさん。叩かれてしまうのは当然の話ですよね。そこはもう当たり前の話で、しっかり反省してくださいということなんですけど、僕が思うことは、このキ

もっとみる

僕が呉服業界にいる理由

前回の自己紹介、お読みいただき誠にありがとうございました。今回はこの間の自己紹介からさらに突っ込んで僕が呉服業界にいる理由を書いていきたいと思います。

高校卒業後の進路は、家庭の事情で進学という選択肢がなかったので、就職先を考えていました。普通科の高校だったので、求人がほとんど工場しかなかったんですよね。僕は同じことを長時間やることができないと思っていたので、どうせなら人と絡む仕事がしたいなと思

もっとみる