はしづめしほ

短歌がすき。読んだ歌集や短歌に関する本の感想などをゆるくつぶやきます。が、最近はちょっと放置気味でrom専と化しつつあります。

寺井奈緒美『アーのようなカー』往復評⑦

寺井奈緒美『アーのようなカー』往復評⑥|水沼朔太郎|note(ノート)https://note.mu/mizu0826saku/n/n5882413442ea ピュアなゴースト 橋爪志保④  こんにちは。早速...

寺井奈緒美『アーのようなカー』往復評⑤

寺井奈緒美『アーのようなカー』往復評④|水沼朔太郎|note(ノート)https://note.mu/mizu0826saku/n/nf754bec1a313 「モノ」ばかりストレスフリーの世界かな 橋爪志保...

寺井奈緒美『アーのようなカー』往復評③

寺井奈緒美『アーのようなカー』往復評②|水沼朔太郎|note(ノート)https://note.mu/mizu0826saku/n/n993c55594af4 語彙フェチと比喩の距離 橋爪志保②  こんに...

寺井奈緒美『アーのようなカー』往復評①

すっとん恐怖な真顔の歌   橋爪志保 ① 水沼さんこんにちは。『アーのようなカー』読みました。最初の印象は、これと同時刊行の『煮汁』と『平和園に帰ろうよ』がすご...

宇都宮敦『ピクニック』について考える

2018年11月27日、現代短歌社から一冊の歌集が出版された。その歌集とは、宇都宮敦の『ピクニック』である。週刊少年ジャンプと同じ大きさの判型で、表紙は真っ黄色...

101・17日目(32人目)

こんにちは、きょうもがんばります。 **************** 三十二人目、馬場あき子。窪田章一郎に師事、「かりん」創刊。101を読む限りでは、植物、とく...