走る。

11月25日(日)は大阪マラソンがある。
去年はインターン先である認定NPO法人D×Pのチャリティーランナーとして走った。
今年は大阪マラソンには出場しないけれども、今日は久しぶりにランニングをした。

走るようになったきっかけは、不登校になったことからだった。
中学のころ、ずっと引きこもっていたから少しでも運動をしようと、毎日夜になると、家の周りを走っていた。運動不足解消もあったけれど、それ以上に、そうでもして身体を疲れさせなければ、夜、眠りにつくことが出来なかった。

そんな理由から走り始めたけれど、22歳になった今でもときおり走るぐらいには、ランニングが好きだ。また、フルマラソンにも出てみたい。

走っているときは、余計なことを考えずにすむ。
強く地面を踏み込む足の音
息を吐く呼吸の音
それらに耳を傾けることが気持ちいい。

昔ほどは走らなくなってしまったから、少し走るだけでも足が動かなくなる。とくに長い坂道を登ったときには。
いつも決めている周回のコースには、とても急な坂がある。そこを登りきった時点で、足は重く、3周走ろうと思っていてても、「2周で終わりにしようかな…」という悪魔のささやきが聞こえる。

実はその声に負けてしまうことも多いのだけれど、そこをこらえて、もう一周走ってみたとき。

なんだ、まだこんなに走れるじゃないか。

そんなことを思う。体育会系の「限界まで挑む」みたいなのは、無理をさせる感じで苦手なのだけれど、少しだけ頑張ってみれば、自分はまだまだいけると思える。

ランニングは気持ちがいい。
不登校のころからの遺産だけれど。
これからも少しずつ、また走りたい。

#日記 #運動 #ランニング #趣味 #日常 #休日 #マラソン #不登校 #毎日更新

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださりありがとうございます。  基本毎日更新、日常の中の気づきを言葉にしています。 応援していただければとても嬉しいです。

ありがとうございます!またふらりと読みに来てください.
18

日常の本棚

特にこれといって深みもなく。なんでもない日常を書いた日記が置かれています。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

おじさんは40歳からランニングをはじめました。
不登校で引きこもりの息子を無理やり誘って走りました。
彼は中学2年でハーフを一回も歩かずに完走しました。
今は友達が出来て、普通に高校に通っています。ランニングはやめましたが。
そして、おじさんは今年の大阪マラソンで、初めての伴走でのフルに挑戦します。
いつか、同じ場所で走る事があれば嬉しいですね。
ユッキーさん
コメントありがとうございます!
中学2年でハーフ歩かず完走…すごすぎる…息子さんよく頑張りましたね笑。そして今は元気そうで良かったです。
おー!大阪マラソン走られるんですね!頑張ってください!
そういうおじさんの存在は希望になります笑
同じ場所で走る、実現したら素敵ですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。