ロンロ・ボナペティ|建築×編集

建築ライター・編集者。建築の魅力をたくさんの人に知ってもらいたくて活動する黄色い鉛筆です。建築の面白さを広く伝える翻訳家になりたい。https://ronro-bonapetit.github.io ←名刺サイトはこちら
固定されたノート

ウェブの時代に建築家が発信することの意味

こんにちは、ロンロ・ボナペティです。

noteをはじめてから、早半年が経過しました。
はじめる前は想像もしていなかった良いことがたくさんあったのですが、ひとつ釈然としないことがあります。

それは……

なんでもっと建築系の書き手が増えないんだろう!?

ということです。
これまでの建築とメディアの関わり方の歴史を考えていくと、いまnoteで発信していくことは建築に携わる人にとってすごいチャンス

もっとみる

紙の編集者が地方でできること~いすみ通信始めます~

「そうなんですよね。あの機会をもっと広げられていないのがなんとも情けなくて」
高橋さんのそのひと言から、すべては始まりました。

千葉県いすみ市。
首都圏エリアからの移住希望者がもっとも多いといわれるいすみ市で、ビジネススクールが営まれています。
その名も「いすみラーニングセンター」。
僕はスクールを運営している創造系不動産の高橋寿太郎さんにお声がけいただき、その情報発信をお手伝いする(かも)こと

もっとみる

動物性を喚起する!美術館の役割をアップデートする富山県美術館の建築

富山県美術館。
富山県富山市の駅近く、観光名所にもなっている「環水公園」のほど近くに位置する美術館です。
絶賛進行中の渋谷再開発プロジェクトでも検討委員を務めるなど、日本を代表する建築家・内藤廣氏が設計しました。
先日ようやく見に行くことができ、建築としての美しさもさることながら、美術館としての新たな挑戦に大興奮。
ひと言で言えば、「動物性を喚起する美術館」。

この美術館が、これからの美術館(ま

もっとみる

建築を必然付けるものを追求していったら、靴べらにたどり着いた

どんな建築も、そのかたちには必然性があるはずです。
そこにはさまざまな要因が含まれており、特定の建築家のアイディアによって非凡なものが建ちあがったとき、「作品」と呼ばれてメディアに取り上げられたりします。
建築「作品」について語るには一定の教育を受けていることが求められ、建築を扱うメディアには、建築に素養のある論者によるテキストが並ぶことになります。

結果的に建築の知識がないと、なぜその建築が革

もっとみる

床を意識するだけで、建築はぐっと面白くなる

こんにちは、ロンロ・ボナペティです。
皆さんは普段の生活でどの程度「床」について意識しているでしょうか。
建築を構成する要素において、重要度の高い床ではありますが、その重要さに対してあまり意識されていないのではないかなと思います。

それはなぜかというと、下手なデザインをしてしまうとそこでの活動に支障が出てしまうから。
ほんの1cmの段差であっても、つまずきの原因になったり家具を置けなかったり

もっとみる

いま求められる図書館ってどんなものだと思う?

こんにちは、ロンロ・ボナペティです。

普段どのような空間で読書を楽しんでいますか?
自宅やカフェ、あるいは移動中の電車などさまざまだと思います。
僕もいろんな場所で本を読んでいますが、今回は読書空間としての図書館について、考えてみたいと思います。

図書館という施設の歴史を遡ると、世界的には紀元前にすでにその原型があったようです。
いずれも収集を主な目的としており、大量の資料を収集することに重き

もっとみる