LOVE IS [NOT] DEAD.

232
ノート

おやじパンクス、恋をする。#235

すぐに社員に取り囲まれて、暴れ出さねえよう、それこそ逮捕されたみてえに左右の腕を掴まれた...

0

おやじパンクス、恋をする。#234

俺達は連れ立ってフロアに戻り、乱闘騒ぎがあったこと自体知らねえらしい客たちをかき分けて進...

0

おやじパンクス、恋をする。#233

俺の声が試合開始のホイッスルだったみてえに、直後、全方向からパンチやら蹴りが飛んできて俺...

0

おやじパンクス、恋をする。#232

「うわあああああ」  雄大は叫んでボディガードに突進した。ボディガードもふいを付かれた感...

0

おやじパンクス、恋をする。#231

全身に力を込め、筋肉を固くして、その鉄みてえに硬い拳を、ムチみたいにしなる足先を、何とか...

0

おやじパンクス、恋をする。#230

「いいから、とにかく、やめろ。な?」  俺は言ったが、若いボディーガードは肩をすくめ、後...

0

おやじパンクス、恋をする。#229

タカと同格、いやそれ以上の巨体にぶつかって、どこっつうわけじゃねえ、全身に痛みが走った。...

0

おやじパンクス、恋をする。#228

俺の中で、パズルがカチッとはまる感じがした。  そこにいるのは間違いなく雄大だった。ここ...

0

おやじパンクス、恋をする。#227

「タカ、ここ頼むわ」俺は答えを聞くこともせずエントランスの方に向かって走りだした。  ボ...

0

おやじパンクス、恋をする。#226

酒が入ってんのか、デブはバーサク状態で話にならねえ。俺はオールバックのノッポの方に「な、...

0